title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『悪夢 ~青い果実の散花~』 概要

akumuakumu
akumuakumu
©1996 Studio Mebius
悪夢 ~青い果実の散花~ (スタジオメビウス)

・1996年04月26日 PC-9801用 3.5インチFD版 CD-ROM版
・1997年03月28日 Windows95用 CD-ROM 『悪夢95 ~青い果実の散花~』としてリメイク
・2004年04月23日 Windows用 DVD-ROM 『めびにゃ!』に収録
・2006年03月10日 Windows用 DVD-ROM 『悪夢 Standard Edition
・2009年04月24日 Windows用 DVD-ROM 『悪夢 絶望 Twin Pack Edition
・2011年02月04日 Windows用 DVD-ROM 『メビウス暗黒BOX』に収録
・2011年02月10日 ダウンロード版 販売開始 【DMM】【Gyutto】【DL.Getchu】【DLsite

90年代中頃の作品で、余命僅かな主人公が多数の少女たちを監禁し、陵辱していくアダルトアドベンチャー。

主人公(名前は任意)は、生まれてすぐに両親と死別するが、その財産を受け継ぎ、裕福な環境で育った御曹司である。普通の贅沢に飽き飽きしていた彼は、ある計画を思いついた。アイドルやお嬢様が数多く在籍する名門「聖エクセレント女学園」の生徒達を拉致し、好みの少女を好きな数だけ陵辱しようというのだ。忠実な3人の部下たちに修学旅行中のバスを襲わせ、山奥の廃校に移り住んだ主人公は、重い病と闘いつつ、選りすぐった10人の少女を1人ずつ連れ出し、自らを満足させる「夢」を叶えていく。

ゲームシステムはコマンド型で、スケジュール管理もゲーム要素に加えた特殊なADVである。廃校内の自室を起点にして、毎朝目を覚ますところから始まり、少女を陵辱するか、解放するか、自分の体を休めるか、といったその日の行動を選んでいく。主人公が5日連続で行動すると、病が進行してゲームオーバーとなるため、適度に休みを入れる必要がある。

女の子は計23人も登場するが、主人公が選んだ10人と、部下たちの担当する13人に分かれている。部下の陵辱の場合は、定期的な現状報告に対し、適切な選択肢を選ぶことで、部下が少女を陵辱する様子がビデオテープとして一本ずつ届き、好きな時に鑑賞できる仕組みである。

主人公の陵辱の場合は、「指を入れる」「ナニを咥えさせる」「激しく腰を動かす」といったコマンドを、総当りで何度も選択することで進展させていくコマンド進行である。部屋に連れ出した回数によって1人当たり3段階の変化があり、1度目は痛がり泣き叫ぶ相手への陵辱、2度目は元気がなくなり、涙ながらに哀訴する相手への陵辱、3度目は精神的に壊れ、生気を失った相手への陵辱、というのが基本パターンとなっている。

一部に媚薬、拘束具、ナイフなどの道具類を使う描写はあるが、SM要素は薄い。プレイは愛撫、フェラ、通常の挿入、時々アナルといった感じで、行為自体はノーマルである。しかし、主人公が腕力と怒声で従わせる点、女の子が行為で感じる事はほとんどなく、激しく出血し、泣き叫び、最後まで痛がる点が特徴的である。

普通に遊んだ場合や、鬼畜の限りを尽くした場合は主人公の病が悪化しての死亡エンドだが、一切陵辱せずに片っ端から解放し、待遇も良くしてやった場合のみ、真エンドとも取れる特殊なエンディングを迎える仕組みとなっていた。

Windows95に移植された際は、『悪夢95』として、ボイスやエンディングが追加されている。関連商品は小説版、漫画版など。

個人的な印象としては、女の子の数が多い割に、反応が同じで凄惨なシーンの繰り返しとなるので、単調に感じてしまうし、主人公の特殊な嗜好に馴染めないと辛い。アダルト重視でストーリー性・ゲーム性は低く、実用面では人を選ぶ作風だったといえるだろう。エンディングとゲームオーバーに差がないので達成感に欠けるのも、後に改善されたようだが、オリジナル版の欠点となっている。


スタジオメビウス公式HP
http://studio-mebius.product.co.jp/


『魔性の貌』 概要

masyonokao00masyonokao01
masyonokao02masyonokao03
©1996 Mink
魔性の貌 (ミンク)

・1996年11月01日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1997年06月05日 Windows95/98用 CD-ROM 限定版 CDケース仕様
・2010年08月27日 DL販売開始  【Gyutto】【DL.Getchu】【DMM】【DLsite
・2014年11月21日 DL販売 『ミンクブランドパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2014年12月12日 DL販売 『Minkオールスターボリュームパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-Dark-』に収録 【DMM
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-FULL POWER-』に収録 【DMM
・2016年08月01日 DL販売 『ミンク 定番人気作コンプリートパック』に収録 【Gyutto】【DL.Getchu】【DMM

90年代中頃の作品で、謎めいた女の手管により平穏な日常が壊されていく模様を描いたサスペンス系のアダルトアドベンチャー。老舗『ミンク』初期のヒット作である。

主人公「圭一」は平凡な学生。義理の母親、妹と3人で暮らしていたが、ある日、従姉と名乗る同級生「麗香」が現れ、4人での奇妙な生活が始まる。学校で、自宅で、圭一に見せつけるように自慰をしたり、幼馴染を巻き込んで淫らな挑発してくる麗香に対し、反感と恐れを深めていく圭一。やがて、母や妹にも魔の手が及び、平和だった圭一の周囲は淫靡で背徳的な空気に支配されていく…。

ゲームシステムはコマンドと選択肢の混合型で、移動先にほとんど自由がないタイプのADVである。普段は「見る」「調べる」「話す」といったコマンドを総当りすることで場面が進展していく。ほぼ一本道の展開だが、後半の3箇所で好意のあるヒロインを選択する場面があり、例えば「母・母・妹」、「麗華・妹・幼馴染」といった具合に、4人のヒロインの組み合わせによって24種類のエンディングに分岐する仕組みになっていた。

シナリオは、妖艶でミステリアスな美女の策略により、主人公の家庭や学園のモラルが崩壊していく様を描いた、シリアスでアダルト重視な展開である。エンディングは主人公死亡や、ヒロインの理性喪失によるバッドエンドがほとんどで、僅かなグッドエンドも、タガが外れた主人公達による変態的で退廃的な幕引きとなっているのが特徴である。

アダルト要素の比重は高めで、オナニーに始まり、手コキ、フェラ、挿入といったノーマルな行為から、道具や野菜を使ったプレイ、女性同士の絡み、3P、拘束プレイ、野外プレイ、寝取らせ等、後半になるほど過激になっていく。女性側が積極的なケースばかりで、陵辱はない。Windows版では一部にボイスが追加された。

関連商品は小説版、OVA版など。

当時一般的だったコマンドと選択肢の併用型、数多くのエンディングを備えたダークな作風である。個人的には、システム面での洗練不足、内向的で意思の弱い主人公の性格と、セックスの描き方に関して、動きを感じさせる難しい構図に挑戦しているのが印象に残った。後味の苦い雰囲気と絵のタッチが好みに合えば、実用性はそれなりにあったことだろう。


公式HP
http://www.mink.co.jp/product/other/masyo/index.html 

『夢幻泡影』 概要

mgnhe00mgnhe06
mgnhe01mgnhe03
©1995 ALICESOFT
夢幻泡影 (アリスソフト)

・1995年07月07日 Windows3.1/PC-9801/FM-TOWNS兼用 CD-ROM版
・1995年07月07日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1998年11月26日 Windows95/98/NT用 CD-ROM版
・2003年04月11日 配布フリー化宣言

90年代中頃の作品で、厭世的な人物の残り僅かな日々を描くアダルトアドベンチャー。アリスソフトの25作目である。

主人公「久遠(名前変更可)」は、両親の事故死で妹の「世羅」と共に孤児となるが、奇怪な人物「和歌子」に引き取られ、経済学を徹底的に叩き込まれて成人し、若干27歳で日本を支配出来る程の富と権力を持つまでになっていた。そんなある日、久遠は原因不明の病で倒れ、余命幾ばくもないことを知らされる。以前から虚無主義に囚われていた久遠は、高層ビルの最上階を大正時代風のレトロな豪邸に改造し、そこで退廃的な生活を送りながら死を待つことを決意する。果たして彼は、どんな最期を迎えるのだろうか…?

システムは選択肢分岐型のADVだが、自由度とランダム要素があり、かなり風変わりである。主人公が寝起きする自室を基点として、毎朝その日の仕事と、邸内でどう過ごすかを選択していく。仕事は「軍事関係」「服飾関係」といった7種類の事業で、特定の業種を選び続けることでイベントが進行し、シュールなエンディングを迎えることがあった。

また、仕事後の「寝る」「世羅の部屋に移動」「客間に移動」といった選択肢で様々な人物と遭遇し、展開によってはセックスや陵辱プレイに発展していく。この部分にランダム要素や周回要素があり、偶然や周回数によって選択肢が現れたり、前回のプレイ内容により選択肢が出なかったりする変わった仕様となっていた。

ゲームの残り日数は決まっておらず、特定のイベントを進めた時点で終了となる。こなしたイベントや選択肢により、41種類ものエンディングを迎える。このエンディングの傾向も変わっていて、作品自体は暗くシリアスな雰囲気だが、なぜか番外編のような笑いを取る方向のオチにも力が入っており、エンディングの半数を占める。

主な登場人物は主人公と、主人公と一緒に育った男性秘書、同じく一緒に育った妻、実の妹、嗜虐心をそそるメイド、享楽的なメイド、献身的な看護婦、売れっ子の女性アイドル、性別不明の詩人などである。主人公は妹以外にはニヒルで冷淡な態度を取っていて、サディスティックな言動や権力で他人を弄ぶのを好む面もあり、悲惨な最期を迎えることが多い。一方、ごく一部で純愛を獲得し、満足を得る結末も用意されていた。

アダルト要素では、この当時としては珍しく、実の妹との近親相姦が描かれている。当時のソフ倫には、近親相姦や売春といった社会規範に反する行為を、明るく肯定的なタッチで描くことは許されず、暗く否定的な態度で描けば大丈夫、という審査基準があったといわれている。

退廃的な人物を主人公にした陵辱メインのゲームで、後に一般的になるが、時期的にかなり早い段階の作品といえるだろう。耽美、厭世観、終末的雰囲気といった、それまでのアダルトゲームにない要素をもったユニークな作風だったが、個人的には一つ一つの経緯や結末があっさりし過ぎて、ストーリー面での奥行きに乏しく感じるのが残念だった。


記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代から生きながらえている学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。2016年秋に好き嫌いしないことを誓ったが、グロと鬱はやっぱり苦手。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を
各ガイドラインに従い引用しています。
このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03