title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『DE・JA2』 概要

deja2_018.png deja2_037.png
deja2_021.png deja2_082.png
©1992 ELF
DE・JA2 (エルフ)

・1992年06月25日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD 全年齢版
・2004年05月28日 Window用 CD-ROM 『DE・JA マルチパック』にてリメイク
・2017年06月20日 ダウンロード販売開始 【DMM
・2017年06月20日 ダウンロード版『DE・JA マルチパック』に収録 【DMM

90年代序盤の作品で、考古学者の主人公が古代遺跡にまつわるミステリーを追っていくアダルトアドベンチャー。『DE・JA』(1990)の続編。

前作での事件がセンセーションを巻き起こし、時の人となった考古学者「はつしば りゅうすけ(名前変更可)」は、テレビ出演に論文の執筆に忙しい日々を送っていた。そんなある日、彼の元に20年前に失踪した老学者「神宮寺博士」が現れ、水晶のドクロにまつわる研究を託そうとするが、伝えきれないまま突然死してしまう。人類の未来に関わる、という言葉に興味を引かれたりゅうすけは、博士の娘「ひみこ」と協力して、古代の遺跡に秘められた謎に迫っていく。

システムは当時一般的だったコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索ADVである。日本考古学学会、美術館、占い師の店などを巡回し、情報を集め、自宅となる研究室で考えたり、相棒のがちゃ子と相談することで進展していく一本道の展開である。

ELLE』(1991)に似た、マウスを活用したアイコンクリックも一部に使われているのが特徴で、背景の怪しい部分の調査に活躍する他、セックスシーンでは「キスする」「なめる」といったアイコンを選んで好きな部位を攻められる仕様になっており、臨場感を高めている。

シナリオの核心は、プレイヤー自身の謎解きを含む本格的なミステリーである。殺人事件やグロテスクな描写もまじえたサスペンス要素があるものの、当時のエルフ特有のとぼけた性格の主人公や、シュールな登場人物達の掛け合いで暗さはなく、雰囲気はおおむね明るいギャグ作品である。

アダルトシーンは未遂やラッキースケベ、セクハラなどの軽いものを含めると10箇所以上あるが、全体の中で比重はさほどなく、エロさも控えめである。女性器は無毛、モザイクなしで、伝統の縦筋一本も無くなり、細かい描写のない肌色の谷間となった。

個人的な印象として、コマンドに対するレスポンスの作りこみが凄く、本題と全く関係ない部分に仕込まれたシュールな仕掛け、コメントの数々に感心させられてしまう。アダルト要素がやや寂しいものの、長大なボリューム、ミステリー作品としての完成度、ギャグがバランスよく融合した見事な作品である。

調査担当

『LIPSTICK. ADV』 概要

LIPSTICK. ADV サンプル LIPSTICK. ADV サンプル
LIPSTICK. ADV サンプル LIPSTICK. ADV サンプル
©1988 F&C
LIPSTICK. ADV (フェアリーテール)

・1988年11月15日 PC-8801用 FD版
・1988年11月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+/TurboR用 FD版

80年代後半の探偵物アドベンチャー。アダルトCG集『リップスティック』シリーズをADV化した物で、女の子のテーマが共通しており、CGの一部が流用されている。ボリューム感やシナリオの完成度から人気が高く、フェアリーテールの出世作となった。

主人公の「五郎」は、やや軽薄な性格ながら有能な私立探偵である。謎の大富豪「嵐山」から盗まれた家宝の捜索を依頼された五郎は、短期間のうちに解決して高額の報酬を得た。ところが、不審な電話で呼び出された隙に事務所は荒らされ、留守番をしていた近所の女子高生「音美」が誘拐されてしまう。嵐山の態度に不可解な物を感じた五郎は、音美を取り戻すべく、周辺人物に聞き込みを開始する。

システムはコマンド選択型で、移動先に自由があるタイプのADVである。事務所やホテル、病院、豪邸、学校、公園などを巡り、関係者に「話す」「聞く」「見せる」等のコマンドを試していく流れとなっている。行き先やコマンドが多く、ボリュームがある分だけ攻略は難しく、クリアにかかる手数の多さが特徴的である。

シナリオは本格的なミステリーだが、読者をからかうような主人公の言動や奇妙なコマンド、登場人物のシュールな一言が面白く、全体の印象は明るいギャグ作品である。当時としてはかなりの長編で、最後まで予断を許さないシナリオの完成度の高さも人気の一因となっている。

アダルトシーンは後半のクライマックス付近集中していて、CG集『リップスティック』のテーマに沿ってロリータ、女子学生、OL、看護婦、スチュワーデスなどが登場する。CGの流用はごく一部で、ほとんどが新たに描き起こされたものだった。

続編に『LIPSTICK. ADV2』、『リップスティックアドベンチャー3』、『Lipstick Adv.EX』、『Lipstick ADV.4』などがあり、EX以外は主人公五郎とヒロイン音美のコンビが続いてる。

個人的な印象としては、進展させる為のフラグが分かり辛く、同じ箇所を何度も巡ってコマンドを総当りする事になるので、労力の多い厄介なゲームである。しかし物語は面白く、後半になるにつれてエロの期待が高まるので退屈は感じなかった。同社の『殺しのドレス』(1987)と並んで、80年代後半を代表するアダルトミステリー作品といえるだろう。企画・シナリオには、後に『同級生』シリーズで一躍有名になった蛭田昌人氏の名前がクレジットされている。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03