title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『季刊 ディスミックス 創刊号』 概要

季刊 ディスミックス 創刊号 季刊 ディスミックス 創刊号
季刊 ディスミックス 創刊号 季刊 ディスミックス 創刊号
©1989-1990 M-project/SOFTPAL Inc.
季刊 ディスミックス 創刊号 (M-project/ソフパル)

・1990年04月**日 PC-9801用 3.5インチFD版/5インチFD版

前年の『創刊準備号』に続くデジタルマガジンの2作目。正式名称は『電脳アクセス ディスクマガジン 季刊ディスミックス』の創刊号である。

内容はプロの作家陣と一般からの投稿による美少女をテーマにしたCG集「CGMIX」、連載小説「ユニコーンコントラクト」の第1話、ミニゲーム「15パズりんぐ」、ギャグタッチのミニAVG「MJ-12の謎」、漫画家あらきあきらによるHな紙芝居「ふにふにシアター」、求人情報やパソコン通信のホスト局を紹介する情報コーナー「電脳刑事 コクチバン」、CG作りの基本的なテクニックを紹介する「あそうみるくのCG塗ろうゼ!」、編集後記やプレゼント情報を掲載した「ディスミックス通信」の8本となっていた。

定価は3500円で、当時の標準的なPCゲームの定価7000~8000円に対して半分程度の価格設定だった。内容を占めるCGの比重が高く、レベルの高い物から低いものまで自由で雑多な雰囲気を楽しめる。

同年に『年末号』が続いている。

創刊準備号の健全な一般向け美少女CG誌の路線を受け継ぎながらも、アダルト向けのショートストーリーを含んでいるのが大きな変更点である。もっとも、当時の一般向けパソコン雑誌にも18禁ソフトの紹介コーナーがあるのが普通で、それらの刊行物の購入に年齢制限がなかったこともあって、境界があやふやな時代だった。PCソフトで明確な住み分けがなされるのは『電脳学園』(1989)の訴訟などを経ての事だった。

調査担当

『季刊 ディスミックス 創刊準備号』 概要

季刊 ディスミックス 創刊準備号季刊 ディスミックス 創刊準備号
季刊 ディスミックス 創刊準備号季刊 ディスミックス 創刊準備号
©1989 M-project/SOFTPAL Inc.
季刊 ディスミックス 創刊準備号 (ソフパル)
【注意】非アダルト一般ソフトです。

・1989年06月**日 PC-9801用 3.5インチFD版/5インチFD版

1989年から1990年にかけて刊行されたデジタルマガジン『ディスミックス』の0号となるバラエティソフト。

似たようなコンセプトだったチャンピオンソフトの『ZETA』等のシリーズが、紙媒体の誌面とフロッピーディスクとの連動だったのに対して、こちらはコンテンツのほとんどがディスク内に収められている。定価は2000円で、機種はPC-9801用のみだった。

内容は美少女をテーマにしたCG集『CGMIX』、連載予定の小説『ユニコーンコントラクト』の登場人物プロフィール、15枚のパネルをスライドさせて絵柄を完成する『15パズル』、CG募集やプレゼント企画、次回予告等の情報コーナー、制作スタッフのコメント集となっていた。

定期的な刊行を予定していたようだが、翌年の4月に『創刊号』、12月に『年末号』が出た後は発行が途絶えている。

印象としては作家陣、及び一般からの投稿CG集がメインコンテンツの読者参加型マガジンといった感じである。連載小説のイラストを担当していたのは、後にライトノベル等の挿絵で人気となるイラストレーターの『弘司』氏だった。当初からグラフィック能力に優れたPC-9801の専用ソフトとして企画されていた点は、時代の潮目を感じさせる。

調査担当

『OMEGA 第3号』 概要

OMEGA 第3号 サンプル OMEGA 第3号 サンプル
OMEGA 第3号 サンプル OMEGA 第3号 サンプル
©1987 CHAMPIONSOFT
OMEGA 第3号 (チャンピオンソフト)

・1987年**月**日 FM-7/77用 5インチFD 3.5インチFD
・1987年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、紙媒体の誌面とフロッピーディスクがセットになったアダルト作品の第三弾。

誌面は成人向け情報誌風で、OLなどの大人っぽい女性を扱うことで、同社の他の作品との差別化が図られている。

ディスクの内容は、2択のドアを選んでいく事でHなCGが見られる簡素なアドベンチャー『エロスの館 ご案内』、背景をヒントに女の子の職業を当てる『受付嬢にアタック』、実在する史跡を舞台にした探索ADV『大阪城アドベンチャー』の三本を収録したミニゲーム集となっている。

定価は4000円前後の低価格設定で、ゲームとしての完成度は低く、チャンピオンソフト粗製濫造の時代を象徴するかのような一本である。アニメ風のデフォルメ化された美少女がアダルトゲームの主流になりつつある中、大人っぽい刊行物と電子メディアのセットという発想はユニークだったが、決め手となるコンテンツに欠け、安定した人気を得ることは出来なかったようだ。

調査担当

『OMEGA 創刊2号』 概要

OMEGA 創刊2号 サンプル OMEGA 創刊2号 サンプル
OMEGA 創刊2号 サンプル OMEGA 創刊2号 サンプル
©1987 CHAMPIONSOFT
OMEGA 創刊2号 (チャンピオンソフト)

・1987年**月**日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1987年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、紙媒体の誌面と連動したマガジンタイプのPCソフトの第二弾。

同時期に刊行されていた同社の『ZETA』や『LEMONADE』に比べると、高い年齢層に向けた情報誌を志向しており、OLやモデル、女子大生など大人の女性を扱っているのが特徴である。

ディスクの方は創刊号の時よりも補助的な役割になり、誌面のオマケとして女性の体の弱点をカーソル操作で見つける探索ゲームや、オフィスラブをテーマにしたCG集、アドベンチャーなど小規模なコンテンツを収録したバラエティソフトとなっている。

シリーズは『第3号』まで続いた。

調査担当

『OMEGA 創刊号』 概要

OMEGA 創刊号 サンプル OMEGA 創刊号 サンプル
OMEGA 創刊号 サンプル OMEGA 創刊号 サンプル
©1986 CHAMPION SOFT
OMEGA 創刊号 (チャンピオンソフト)

・1986年**月**日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1986年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、紙媒体の誌面とデジタルコンテンツがセットになったマガジンタイプのアダルト作品。

同年に創刊した『ZETA』が若い年齢層をターゲットにしたアイドル情報誌風だったのに対して、こちらは大人向けを狙っており、登場する女の子も会社員や女子大生となっている。現実の女性を口説き落とすためのハウツー本を兼ねている点も特徴的である。

ディスクの方の内容は、炉端焼のお店で出会った女の子に声をかけ、ベッドインするまでの流れを通して女性心理を学んでいくナンパアドベンチャー『シュミレーション 女性攻略法』(原文ママ)、女性の服の色やお酒の種類で女性のタイプを分類していく『C・Gで見る女性を見抜く法』、平社員から社長を目指すスゴロク風ゲーム『人生シュミレーション ザ・サクセスマン』(原文ママ)など5本である。

翌年にかけて『創刊2号』『第3号』と続いた他、似た試みとしてコミックと連動したアダルト作品『LEMONADE』が同年の末に創刊している。

収録のナンパアドベンチャーはすべて2択で、YES/NOチャート、もしくは当時流行していたゲームブックのような構造になっており、後のマルチシナリオ・マルチエンディングを備えたADVの原形を考える上で有用かもしれない。同年の『シンデレラペルデュー』を骨格だけにしたような印象である。

調査担当

『ZETA 第5号』 概要

ZETA 第5号 サンプル ZETA 第5号 サンプル
ZETA 第5号 サンプル ZETA 第5号 サンプル
©1987 CHAMPIONSOFT
ZETA 第5号 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルト作品です。

・1987年08月**日 FM-77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1987年08月**日 PC-8801用 FD版

ZETA GALと呼ばれるオリジナル2次元アイドル達を扱った電子メディア付き雑誌『GRAPHICアイドル情報誌 ZETA』シリーズの最終号。

紙媒体の誌面はZETA GALへのインタビューなどアイドル情報誌的な要素を残しつつ、読みきり漫画や小説、PC関連のコラム、編集部内の内輪話、読者投稿などで盛り上がりを見せており、ZETA GALメンバー6人の内2人が新キャラと入れ替わるというテコ入れもあり、最終号となる雰囲気は感じられない。

デジタルコンテンツは一般常識やZETA GALと編集部シスターズに関するマニアックな問題を集めたクイズゲーム、海辺でZETA GALをナンパするADVなどを収録したミニゲーム集+CG集となっている。

ミニゲームは全般的に単調で運の要素が強く、完成度が高いとは言い辛い。一方、低年齢層をターゲットにした雑誌としては定価(¥3800~¥4800)が高めで、そのあたりが打ち切りとなった原因かもしれない。続編としてZETA GALのメンバーの一人『渡瀬 麻衣子』を集中して扱った『Hello! 麻衣子』が発売されている他、似た形式でアダルト要素も含んだ『OMEGA』『LEMONADE』シリーズが前年に創刊している。

情報誌としては大成しなかったが、シリーズ物のミニコンテンツ集というアイデアは、後に設立するアリスソフトブランドの『D.P.S』『アリスの館』シリーズに発展していったと考えられる。

調査担当

『ZETA 第3号』 概要

ZETA 第3号 サンプル ZETA 第3号 サンプル
ZETA 第3号 サンプル ZETA 第3号 サンプル
©1986 CHAMPIONSOFT
ZETA 第3号 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルト作品です。

・1986年11月**日 FM-77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1986年11月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の電子メディア付きマガジン『GRAPHICアイドル情報誌 ZETA』の第三弾。

前2作よりボリュームアップしているが、アイドル情報誌的な傾向は薄くなり、デジタルコンテンツはミニゲーム集としての特色が濃くなってきている。

内容はお馴染みのメンバーの日常に起こった10大ニュースをCGで紹介する『ZETAGAL10大ニュース』、特定の読者との2ショット写真風CGを紹介する『あの娘とSCANDAL』の他、ミニゲームとしてジグソーパズル、野球拳、ブラックジャック、間違い探し、初歩的なタイピングゲームなどが収録されており、クリアするとご褒美CGが表示されるパターンが多い。ただしアダルト要素はなく、露出は下着止まりである。

続編は翌年にかけて『第4号』『第5号』が続いている。

調査担当

『ZETA 創刊2号』 概要

ZETA 創刊2号 サンプル ZETA 創刊2号 サンプル
ZETA 創刊2号 サンプル ZETA 創刊2号 サンプル
©1986 CHAMPIONSOFT
ZETA 創刊2号 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルト作品です。

・1986年08月**日? FM-77用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1986年08月**日? PC-8801用 FD版

紙媒体の情報誌とセットになったデジタルマガジン『GRAPHICアイドル情報誌 ZETA』の第二弾。

ディスクの方には前作で行われたミスコンの投票結果が掲載されている他、デート風景のCGやスゴロク風のボードゲーム、間違い探し、神経衰弱といったミニゲームが収録されている。また、誌面は短編漫画などで充実をみせている。

ミスコンの候補になっているオリジナルアイドル6人組がご褒美CGとして登場しており、8月をテーマに季節感のある描写となっているのが特徴である。アダルト要素はなく、露出は水着・下着止まりである。

翌年にかけて『ZETA 第3号』『第4号』『第5号』が続いている。

調査担当

『ZETA 創刊号』 概要

ZETA 創刊号 サンプル ZETA 創刊号 サンプル
ZETA 創刊号 サンプル ZETA 創刊号 サンプル
©1986 CHAMPIONSOFT
ZETA 創刊号 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルト作品です。

・1986年06月**日 PC-8801用 FD版
・1986年06月**日 FM-77用 5インチFD版 3.5インチFD版

紙媒体の情報誌とフロッピーディスクがセットになったデジタルマガジンで、正式名称は『GRAPHICアイドル情報誌 ZETA』シリーズの創刊号である。

形態はアイドル情報誌を模しているが、二次元の女の子だけを扱い、「ZETA GAL」と呼ばれるオリジナルグラフィックアイドルを創出しようという野心的な企画である。デジタルコンテンツは紙面と連動しており、紙面で詳しい説明を読んでから楽しむのが基本的な使い方となっていた。

メインとなる「ミスZETAコンテスト」では6人の女の子のプロフィールと自己紹介が流れ、情報誌に付属しているハガキで投票する仕組みになっている。また「ZETAクイズ」は間違い探しゲームになっており、正解をハガキで送れば抽選でプレゼントが当たる企画となっていた。

他にカーソル移動により女の子の体の弱点を探っていき、制限回数以内に弱点をすべて見つければご褒美CGが拝めるミニゲームも収録している。ただしアダルト要素はなく、露出は水着止まりである。

2ヶ月毎に刊行することがアナウンスされており、翌年にかけて『ZETA 創刊2号』『ZETA 第3号』『第4号』『第5号』が続いている。

当時からPCソフトに豪華なブックレットが付属する事があり、雑誌にオリジナルゲームのソースコードが掲載されるケースも古くからあるが、マガジンタイプのPCソフト、あるいは電子メディア付き雑誌というのは珍しく、かなり冒険的なシリーズといえるだろう。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03