mgyh00
mgyh01mgyh02mgyh03mgyh04
©2015 WILLPLUS/PULLTOP
見上げてごらん、夜空の星を (PULLTOP)

・2015年12月18日 Windows用 DVD-ROM版
・2016年05月19日 ダウンロード販売開始 【DMM
・2016年05月27日 Windows用 DVD-ROM 『FINE DAYS 本編同梱パック』に収録

10年代中頃の作品で、天体観測をテーマにした学園モノの恋愛アドベンチャー。PULLTOPの16作目(ファンディスク含む)にあたる。萌えゲーアワード2015において準大賞を受賞している。

舞台は地方都市のはずれにある、のどかな田舎町。主人公「暁斗」は学校唯一の天文部員だが、ある事情から天体観測と距離を置き、学校に寝泊りしながらコンビニでバイトをする風変わりな学生生活を送っていた。ついたあだ名は「星を観ない天文部員」。そんな彼に転機をもたらしたのは、周辺6校の天文部が集う「むつらぼしの会」の復活だった。はじめは抜けるタイミングを覗っていたものの、その危うげな立ち上がりをつい支えてしまい、幼馴染と再会を果たした暁斗は、仲間と夜空にのめり込んだ少年時代を振り返り、自身の中にくすぶる情熱や不安と向き合っていく…。

システムは一般的な選択肢分岐型で、選択肢は少なめである。長めの導入部分の後、共通パートの選択肢により、4人のヒロインの個別ルートに分岐する構造になっていた。

シナリオは天体観測などの部活動が中心で、コミカルな日常風景を交えながら進行する。序盤は仲間との出会いを描きつつ、少年時代の思い出を紐解き、主人公が星に目覚めた理由、そして星から離れてしまった理由がゆっくりと明かされていく。中盤は望遠鏡の自作を通してヒロイン達との仲を深め、個別ルートでは天文に関わる新たな挑戦と甘酸っぱい恋愛模様、そして甘々な恋人風景が描かれる。

背景美術の美しさが特徴的で、特に盛り上がる場面での正確で詳細な星空の描写が見所となっている。音楽面でもコーラス入りの荘厳なBGMが印象的である。また、一部にバイノーラル録音が取り入れられており、ヒロインが側にいるような立体感のある演出となっていた。学生全員がスマホを持っていて、LINE風のSNSを介して活発にやり取りする点も印象的である。

アダルトシーンは一人あたり4~5つと平均的。

2016年の春にファンディスク『見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS』の発売が予定されている。初回特典として設定資料集、カレンダー、デスクトップアクセサリー、予約特典としてサントラが付属した他、抱き枕カバー、おっぱいマウスパッド、タペストリーなど店舗ごとに様々な特典が用意されていた。

個人的な印象としては、天体観測を中心とした爽やかな青春ストーリーで、未経験者にも分かりやすい解説がある。少年時代のノスタルジーをくすぐり、アダルト要素とのバランスも取れていて、好感のもてる作品である。ヒロイン以外にも魅力的なキャラクターがいるため、ファンディスクへの期待も高まる。幅広い層にお勧めしたい。


『見上げてごらん、夜空の星を』オフィシャルサイト
http://www.pulltop.com/full-of-stars/



調査担当