title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『エルドラド伝奇』 概要

エルドラド伝奇 サンプル エルドラド伝奇 サンプル
エルドラド伝奇 サンプル エルドラド伝奇 サンプル
©1985 槙村ただし/ENIX
エルドラド伝奇 (ENIX)

・1985年02月**日 FM-7用 5インチFD版 カセットテープ版
・1985年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、古代文明の謎をテーマにした探索アドベンチャー。高難易度のアドベンチャーが流行していた当時でも極端な作りだったため話題になり、知名度が高い作品である。

舞台は現代。主人公が親友「アキラ」に呼び出されて家を訪ねると、彼は既に殺害されていた。残されたビデオメッセージには、彼が伝説の黄金郷「エルドラド」の研究にのめりこんでいた事、その妹の「ホシコ」が遺跡の鍵として何者かに狙われている事が記されていた。メッセージに従い旅費を整えた主人公は、アマゾンの奥地にたどり着き、半獣半人のミケ族の協力を得ながら、消えたホシコと古代遺跡の謎に迫っていく。

ストーリーは冒険映画を思わせるアクションあり、謎解きありのミステリーで、友好的な「ミケ族」の女の子を助け、敵対勢力の「シャム族」を追い払いながら、様々な仕掛けや暗号を解いていく流れである。アダルト要素は全裸の女の子がやたら出てくるのみで、セックスシーンはない。

システムはかなり特殊で、「取る・拾う」「見る・調べる」などのコマンド選択式だが、ビジュアル画面が4×8マスに区切られていて、コマンド毎に場所をカーソル移動で指定しなければならない。その為、ほとんどの進行がコマンド10項目×32マスという膨大な選択パターンとなり、詰まってコマンド総当りをする場合の労力は、かなり心理的な重圧となる。ゲームオーバーも多く、正解も手の込んだ意地悪なものが多い。特に「テレビの砂嵐の画面を何も押さずに待つ」は後々まで語り草になったようだ。

マリちゃん危機一髪』(1983)、『女子寮パニック』(1983)などを手がけた槙村ただし氏の4作目で、エニックス主催の第三回ゲームプログラムコンテストで入賞している。

絵柄の中の怪しい部分をカーソルで直感的に探索できる仕組みは、コマンド入力からの脱出を模索していた同時期の作品でよく見かける。操作性、理不尽な正解フラグに難点はあるものの、シナリオもビジュアルの枚数もかなりのボリュームで、アイデアも意欲的な、時代を代表する大作といえるだろう。

調査担当

『キャロット』 概要

キャロット サンプル キャロット サンプル
キャロット サンプル キャロット サンプル
©1984 ASCII
キャロット (ASCII)

・1984年08月**日 PC-8801用 5インチFD版

パソコン黎明期の作品で、アニメ調の女の子が描かれた絵柄を完成させていくパズルゲーム。

システムはジグゾーパズルのようなシンプルなもので、絵柄の一部が描かれた9~64個のピースを、出された順に枠に当てはめていく。はめたピースの再移動は可能だが、お手つき回数に上限があり、図柄も複雑で完成図予測が困難なため、一度でクリアするのは難しい。全10面で後半になるほど女の子の露出とピース数は上がっていく一方、コンティニューがないので、非常に緊迫感のある高難易度ゲームとなっていた。

女の子はアニメ調のファンタジックな絵柄で、露出は比較的ソフトである。また、ステージ間にはTVアニメのようなアイキャッチが入ったり、マニュアルにはオマケ漫画が掲載されていたりと、遊び心の多い作品作りとなっている。

最終ステージの前では、「あなたはこのソフトを正当な手段で手に入れましたか?」という質問が出現し、それ以上進むにはマニュアルに記載された情報が必要となり、答えられない場合には、「怒りのリセットをく・ら・えっ!」というメッセージと共に強制リタイアになるという、シリアル認証の原形のような仕掛けが施されていた。当時からゲームの不正コピーが蔓延していた状況が覗える。

個人的な印象としてゲーム性は高く、実写系の多かった脱衣パズルゲームの中では明るく垢抜けた印象の作品である。

調査担当

『おーい!かぐや姫』 概要

おーい!かぐや姫 サンプル おーい!かぐや姫 サンプル
おーい!かぐや姫 サンプル おーい!かぐや姫 サンプル
©1983 PONYINC.
おーい!かぐや姫 (ポニーキャニオン(PONYCA))

・1983年11月**日 FM-7/8用 カセットテープ版

パソコンゲーム黎明期の作品で、古典『竹取物語』を題材にした脱衣シューティングゲーム。

シナリオは怪しい鳥が飛び交う竹薮の中で、かぐや姫の入った光る竹を見つけ出し、情事を楽しむという筋書きとなっている。

ゲームは男性器(?)型の自機を操作する、固定画面の縦シューティングゲームで、攻撃目標は敵キャラではなく、竹の節間(節と節の間の滑らかな部分)である。鳥のフンを避けながら照準を上下左右に動かし、未攻撃の節間を狙い撃っていく。当たりの節間を引けばステージクリアで、ご褒美CGが表示される。自機にはダメージ数や弾数にあたる精力のパラメータがあり、使いきってしまうとゲームオーバーとなった。

ご褒美CGはかぐや姫一枚きりで、ステージクリアする毎に一枚、また一枚と薄着になっていくが、何重にも重ね着した十二単姿なので変化に乏しい。最終面をクリアすることで、かぐや姫の裸体を拝む事が出来る。ゲーム内の日付によっては姫が妊娠し、お腹の大きな裸体が表示されるバッドエンド(?)も用意されていたようだ。

難易度が極端に高いのが特徴で、特にすぐ弾切れゲームオーバーになる割に、ステージが進んでも残弾回復が用意されていない、コンテニュー不可など理不尽な設定が目立ち、内部データを弄らない限り、天文学的な確率の運が必要に思える。

個人的な印象としては、ゲーム性でもビジュアル面でも酷いクオリティである。『聖子ちゃんSOS』(1983年)と共に「アダルトシューティング」という、妙なジャンルを切り開いた先駆者だった。

調査担当

『オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?』 概要

オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか? サンプル オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか? サンプル
オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか? サンプル オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか? サンプル
©1984 KOEI
オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか? (光栄マイコンシステム)

・1984年11月**日 PC-8801mk2用 FD版 ロムカセット版

アダルトゲーム黎明期の作品で、逃亡したダッチワイフを行方を追って街中を捜索するRPG。タイトルやあらすじは映画『ブレードランナー』の原作となった長編SF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のパロディとなっている。

団地妻の誘惑』(1983)と合わせて"ストロベリーポルノシリーズ"と銘打たれている。一方、『ナイトライフ』(1982)も含めて"光栄アダルト三部作"という俗称で揶揄されることもある。

シナリオは、逃亡して人間の中に紛れ込んだダッチワイフ「北極6号」の行方を追う主人公が、アダルトショップやラブホテルが散在する街中を歩き回り、有益な情報を集めたり、手当たり次第に女性を口説き、ベッドインしていく流れとなっている。イベントの発生はランダムで、ストーリー性は低め、自由度が非常に高い。

操作はコマンド型だが、従来の一文字一文字打ち込んでいく入力式ではなく、コマンドがファンクションキーやテンキーに割り当てられたショートカットキー方式で、わずらわしさや難易度がやや緩和されている。会話次第で戦闘モード、FUCKモードなどに突入し、状況に合わせてキーを選んでいく。

冒頭で主人公の初期ステータスを決め、2Dフィールドを歩きまわって通行人に声をかける点は、後のドラクエ風RPGを彷彿とさせる。また、決められた筋書きがなく、手当たり次第に女性を口説けるシステムは、後のナンパ系ゲームと共通している。一方全体の雰囲気は独特で、形容するなら“通俗的なジョーク作品”といったところだろうか。いわゆる「抜きゲー」としての役目は意識されていなかったように見える。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03