title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『放課後マニア倶楽部 -濃いの欲しいの-』 概要

houkagomaniaclub00houkagomaniaclub01
houkagomaniaclub02houkagomaniaclub04
houkagomaniaclub05houkagomaniaclub08
©1997 LIBIDO

放課後マニア倶楽部 -濃いの欲しいの- (LIBIDO)

・1997年06月13日 Windows95用 CD-ROM版 【駿河屋】【Amazon
・1998年12月11日 Windows95/98用 CD-ROM 『放課後 X’masパック』に収録 【駿河屋
・1999年06月04日 Macintosh用 CD-ROM版 【駿河屋
・2006年11月17日 Windows用 CD-ROM 廉価版 【駿河屋】【Amazon


90年代後半の作品で、マニアックなセックスをテーマにしたアダルトADV。前年の『放課後恋愛クラブ』と対をなす作品で、純粋な恋愛物だった放課後恋愛クラブに対し、同じヒロイン達のハードでアブノーマルな体験を描いたことで話題になった。

(あらすじ) 舞台は前作のパラレルワールド、学生たちが出会いを求めるサークル「恋愛クラブ」。主人公の小太郎はヒロインの一人、雛子の弟で、一見大人しい少年である。前作の主人公の錬一とは友人だが、モテる錬一に反発があり、女の子に対しては屈折した劣情を秘めていた。小太郎は狙った相手の隙をうかがい、卑劣な方法で弱みに付け込み、変態行為を強要していく。

ゲームシステムは前作とほぼ同じで、12人のヒロインの中からターゲットを絞り、会話とお出かけで仲を進展させ、週末のデートの約束を取り付けていくスケジュール管理型ADVである。ただし、今回はそれぞれのヒロインに「恋クラルート」「マニアルート」があるため、分岐は計24本となる。

「恋クラルート」は普通の恋愛物で、前作と主人公は異なるがストーリーの類似点は多い。前作をインストールしていれば、Hシーンも表示される仕組みになっている。

一方の「マニアルート」では、主人公のストーカー気質が剥き出しになり、態度も豹変するのが大きな特徴である。極端な思い込みでヒロインに執着し、盗撮映像をネタに脅迫したり、嘘で騙したり、威圧的な態度でヒロインに迫り、変態プレイを強いていく。一部に変態プレイに協力的なヒロインもいるが、大抵は脅しでモノにするため、後味の悪い結末になることが多い。

アダルト描写はオナニーに始まり、アナル責め、アナルセックスが多く、縛り、浣腸、放尿、野外露出プレイ、SM、近親相姦、男複数との乱交なども含んでいる。主人公がヒロインの痴態を他人に見せたがるのも特徴的である。

関連商品に小説版OVA版がある。

個人的な印象としては、前作が大人しかっただけで、本来は可愛らしいビジュアルと過激さのギャップを持ち味とするメーカーなので、本領発揮といえるだろう。無論リスクも大きく、前作のハッピーエンドに思い入れのあるプレイヤーにしてみれば、ヒロイン達が不幸に突き落とされ、痴態を雑誌に投稿されるラストは耐え難かったに違いない。その容赦の無さが大きな反響を呼んだ作品だった。


LIBIDO OFFICIAL WEB SITE
http://www.libido.ne.jp/archives/?page=houkago


調査担当

『セクロスフィア』 概要

secrossphere00secrossphere01
secrossphere19
secrossphere16
secrossphere17
©2016 ILLUSION
セクロスフィア (イリュージョン)

・2016年04月28日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon
・2016年04月28日 ダウンロード版 配信開始 【DMM

10年代中頃の作品で、小柄な主人公が年上ヒロインから誘惑される3DCGのアダルトアドベンチャー。発売後にVR向けの要素が追加され、国内のアダルトゲームとしては早い時期の公式VRコンテンツとなった。

主人公「桜司(おうじ)」は女の子のような見た目の一年生。本人は男らしい男になりたいと思っているが、重度のブラコンである三年生の姉「守凛」に振り回されている。生徒会長でもある守凛は、桜司を思い通りに育てるため、強引に生徒会に入れ、役員全員に彼とセックスするよう要請する。かくして、年上の女性から次々にセックスを迫られる日々が始まる。

ゲームシステムは一風変わっていて、「カップリングパズル」と呼ばれるパズルゲームをクリアすることで、9人のキャラクターの中からショートエピソードの登場人物となる2人を選出し、会話パートを鑑賞していく形である。

パズルゲームは登場人物の顔が描かれた「スフィア」と呼ばれる球体を、乱雑に積み重なっている中からポインターでなぞって消していくタイプで、特定のキャラの球体を狙って消していくことで、目当ての2人組を選ぶことができる。この時、主人公とヒロインの組み合わせで何度もクリアし、会話を進めるとHシーンが発生する仕組みだが、一部にヒロイン同士の会話をこなさなければ開放されないHシーンもあり、ゲームクリアするには全ての組み合わせを満遍なくこなさなければならない。

ストーリーは、弟の成長のためなら手段を選ばない生徒会長が、その権限と策略で女生徒や教師をそそのかし、次から次にセックスの相手をさせていく一本道の展開で、セックスを通してそれぞれの気持ちが変化していくハーレムな流れとなっていた。

ヒロインはおっとり系ぽっちゃり、黒ギャルビッチ、委員長タイプ、男装ボーイッシュなど様々な8人となっている。全員年上で肉食系なことが多く、小さな主人公と極端な体格差で描かれるのが特徴的である。

無料のスマートフォン用アプリ版も配信されていて、3DCGとHシーンがない点を除けば内容はほぼ同じであり、PC版とのセーブデータの共用も可能である。また、同年6月には追加要素となるVR版も無料で配信された。これは、ゲーム本編をVR機器で遊ぶことはできないものの、専用のソフトを起動することにより、本編のHシーンをVRで体験できる試験的なサービスだった。

個人的に、3DCGは流石の綺麗さで、動きも柔らかく滑らかであり、マウス一つで複雑な動きを演出できる操作性も優れているが、パズルゲーム要素が足を引っ張っている印象である。パズルゲームはスマホ向けの大ヒットアプリ『ディズニーツムツム』(2014年)を思わせるものの、大したハードルや達成感のあるクリア報酬はないので次第に単調作業になり、なけなしの会話パートは流れがブツ切りにされてしまう。珍しい3DCGのオネショタ、VR対応の草分け、という以外に見所に乏しいか。


公式HP
http://www.illusion.jp/preview/sec/index.php


調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03