title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『AVベースボール ~ワイの好きなAV女優で打線組んだ~』 概要

avbb00a
avbb01avbb03
avbb02avbb07
©2016 DMM All Rights Reserved.

AVベースボール ~ワイの好きなAV女優で打線組んだ~
 (DMM GAMES)

・2016年08月23日 オープンβ開始
・2016年08月25日 正式サービス開始 【DMM

10年代中頃にオープンしたブラウザ型のオンラインゲームで、人気AV女優を集めて野球チームを作っていくソーシャルゲーム系のカードバトルRPG。

基本プレイは無料で、レアガチャやストーリー進展のための体力回復、各種サポートなどに使えるポイント「BP」が有料となっている。

主人公はある日、見知らぬ女の子から女子野球チームの監督を頼まれた。理由は主人公が善の野球女神、アンパイヤーン様に認められたからだという。聞けば、アンパイヤーン様と敵対する悪い野球女神エラーが復活し、野球選手の女の子たちを洗脳して、この世界を密かに支配しつつあるのだとか。洗脳を解くには、野球勝負で相手を破るしかない。元々野球好きだったこともあり、女の子たちと仲良くなるチャンスに魅力を感じた主人公は、練習や交流の中で信頼を勝ち取り、試合で新たな戦力を獲得し、エラー軍を打ち破っていく。

ゲームシステムは一般的なソーシャルゲーム系カードバトルRPGで、体力ゲージを消費してストーリーをこなしていく。体力は時間経過で回復するので、課金しない限り、本編は時間を置きながら少しずつしか進めない点がこのタイプのゲームの特徴である。

ガチャやストーリーミッションで手に入るのは実在のAV女優達のカードで、サービス開始時点で200人以上の出演がアナウンスされている。これらのカードを集め、デッキにあたる野球チームを編成していく。キャッチャー、ファースト、ライト、DHといった野手の守備位置や、1番から9番までの打順、先発、中継、救援といった投手の担当があり、それらの枠に持ち札の中から最適なものを当てはめていく。

作ったチームは対CPUの「地方戦」や、対人の「地方遠征」「リーグ戦」で活躍する。試合はリアルタイムで観戦できるが、操作はすべてオートで、プレイヤーが指示できる部分はない。選手によって、打順が1番の時のみ発生するスキル、守備位置がキャッチャーの時のみ発生するスキルなどがあるため、適正に合わせてポジションを練っていく点がゲーム要素となっている。

また、他のゲームでは特定のレアカードのみを集中的に鍛えれば勝率が上がる場合が多いが、このゲームでは弱い選手がいる場合、例えばリリーフ投手が大量失点してしまう、打線が繋がりにくい、といったことになる恐れがあるため、戦力の穴を優先して補強しなければならない点が特徴的といえるだろう。

主なアダルト要素は、様々な条件を整えることで見られるムービーである。★3以上のレアカードを使い続けることで好感度が貯まり開放される他、ストーリーの進行度などによっても別に用意されている。サイズは720×400ピクセルほどで、1本あたり5、6分程度、計48本で、オナニーやフェラなどの軽いプレイはゲームオリジナルの撮下ろし作品となっているようだ(2016年8月時点)。

サブタイトルは、ネット掲示板のスレッド名で流行した「~で打線組んだ」という定型文が元ネタになっている。

個人的な印象として、操作感の良さ、現役のAV女優による実写動画のご褒美があるのが魅力的である。シナリオはオマケ程度、ゲーム性は軽く、さほどの深みもないが、ルーティンが小時間で済むので、育成が肌に合えば動画を目指して長く続けられるだろう。あまりゲームに時間が取れない方、野球やAVが好きな方にお勧めしたい。


調査担当

『ガールズ・ヘルファイア』 概要

glhfr00
glhfr01glhfr03
glhfr02glhfr06
©2012 DMM GAMES
ガールズ・ヘルファイア (DMM GAMES)

・2012年10月12日 PC版 サービス開始 【DMM
・2013年04月26日 Android版 サービス開始

10年代序盤にオープンしたPC向けブラウザ型のオンラインゲームで、実写のAV女優たちを題材にしたソーシャルゲーム風カードバトルRPG。当時のアダルトSNSゲームとしては珍しい実写物で、PC向けとしてはおそらく初である。

基本プレイは無料で、激レアカードやイベント特効カードが手に入るガチャなどが有料となっている。スマートフォン用のサービスも遅れてスタートしており、アカウントは共用である。

大したストーリー設定はなく、プレイヤーはエロ地下倶楽部「ヘルファイア」のオーナー会員となり、エッチな女の子を集めてハーレムを作っていく、という筋書きである。

システムは一般的なアダルトSNSゲームと同じで、時間経過で回復する体力を消費してミッションをこなし、ガチャやミッションの中で手に入れた女の子カードを集め、デッキを編成していく。C、UC、R、SR、UR、L、ULといったレアリティに応じて強さに差があり、カード同士を合成することでパワーアップしていく。

デッキが活躍するのは他プレイヤーとの対戦のみである。ミッション中にドロップするレアカードの欠片を集めるため、自分が持っていない欠片の持ち主を狙って対戦をしかけ、奪い合いでレアカードの完成を目指していく点が特徴的である。

また、カードはすべて人気AV女優による実写写真なのが売りとなっていて、所属は様々、人数は400人以上である(2016年時点)。グラビア風の健全なものから、性行為中の過激なシーンまで、画像の種類はバラエティに富んでいる。同じカード二枚を合成する「特訓」により写真が変化し、レベルアップの上限が変わる点もやり込み要素となっている。

アダルト要素はカードの素材になっている写真が拡大できる点、ミッション進行時の効果音として艶めかしい音声が入っているぐらいで、ご褒美的なコンテンツは用意されていない。これも当時としては、特に珍しい仕様ではなかった。

SNSゲームによくある事ながら、ゲーム開始当初はサーバーの混雑で動作が非常に重く、事前アナウンスの不徹底、問い合わせ対応の遅延、バグの放置から不評を買うことが多かったようだ。個人的には、AVファン向けの軽めのゲーム性を志向している印象で、エロさは控えめながら、ライト層にとって現在の動作性、ゲーム性はそれほど酷くない。好みの女優を見つけるのに利用するのに丁度いいかもしれない。


調査担当

『早川愛美のスネークキャンプ』 概要

早川愛美のスネークキャンプ サンプル 早川愛美のスネークキャンプ サンプル
早川愛美のスネークキャンプ サンプル 早川愛美のスネークキャンプ サンプル
©1988 宇宙企画
早川愛美のスネークキャンプ (宇宙企画)

・1988年12月23日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、当時の人気AV女優の実写CGと組み合わされたアクションゲーム。

ストーリー性のある導入部分はなく、愛実ちゃんの過ごすテントを夜明けまで蛇から守りきればご褒美が待っている、という簡単な筋書きである。

ステージは全9面で、固定画面のアクションゲームである。プレイヤーはキャンプの見張り役となり、火を絶やさないよう薪を回収し、次々に出現する蛇たちを石を投げて撃退し、制限時間までテントを守り抜けばステージクリアとなった。薪のストックが切れたり、プレイヤーが蛇に触れたり、テントに蛇が侵入するとゲームオーバーである。

ご褒美CGはグラビア風のヌードで、最後までクリアすると簡単なプロフィールが表示される仕様となっていた。女優は祖父がアメリカ人のクォーターで、エキゾチックな顔立ちなのが特徴である。

同様にAV女優の名を冠したシリーズとして『かわいさとみのなかよくしてネ!』『小森愛のどきどきラリー』『麻生澪のセクシーパズル』『牧本千幸のメランコリー』『小野由美のジャンピング・クエスト』がある。

ゲーム性は簡素な作りながら、工夫次第でなんとかクリアできるようになっており、緊迫感があってアダルトゲームの中ではそこそこ遊べるものになっていた。難点はバグの多さか。

調査担当

『小森愛のどきどきラリー』 概要

小森愛のどきどきラリー サンプル 小森愛のどきどきラリー サンプル
小森愛のどきどきラリー サンプル 小森愛のどきどきラリー サンプル
©1988 英知出版/宇宙企画
小森愛のどきどきラリー (英知出版/宇宙企画)

・1988年10月05日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、人気AV女優の実写CGと組み合わされたストーリー仕立てのレースゲーム。

彼女との約束に1時間遅刻してしまった主人公。案の定、待ち合わせ場所に彼女はおらず、連絡も取れず仕舞い。ところがその日の夕刻、誘拐犯らしき男から脅迫電話がかかってくる。彼女の身を案じる主人公は、男の指示するまま、「ジャパンラリー」の出場を決めるのだった。

ステージは月曜日から日曜日までの全7面で、クリアする度に小森愛のポートレートやグラビア風の写真が一枚ずつ観賞できる構成となっていた。

レースゲームはライバルなしのタイムアタック風である。強制縦スクロールのコース上で、アクセルボタンで増速、減速を調整しながら障害物を避けていく。障害物は乗用車やトラック、水溜り、壁などだが、なぜかカーブも階段状に角張っており、反射神経が要求される。燃料が残っている内にゴールに辿り着ければクリアとなった。

同様にAV女優の名前を冠したゲームに『かわいさとみのなかよくしてネ!』があり、『麻生澪のセクシーパズル』『早川愛美のスネークキャンプ』『牧本千幸のメランコリー』『小野由美のジャンピング・クエスト』などが翌年にかけて続いている。

ゲーム性はシンプルすぎて深みがないが、難易度が程よく、アダルトゲームの中ではそこそこ楽しめる方である。何より、それまでのアダルトゲームにレースゲームというジャンルはなく、ユニークな試みだったと思われる。ちなみに小森愛さんは2011年にAV復活を果たしたそうで、この報告書を書いている2013年現在も現役である。

調査担当

『かわいさとみのなかよくしてネ!』 概要

かわいさとみのなかよくしてネ サンプル かわいさとみのなかよくしてネ サンプル
かわいさとみのなかよくしてネ サンプル かわいさとみのなかよくしてネ サンプル
©1988 英知出版/宇宙企画
かわいさとみのなかよくしてネ (英知出版/宇宙企画)

・1988年04月25日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、実写の女の子とポーカーで勝負していく脱衣ゲーム。

当時の人気AV女優「かわいさとみ」と一対一でポーカー勝負をしていき、相手の持ち点が0になればメッセージとご褒美が観賞できる流れとなっていた。ステージは全部で6面である。

ポーカーは一般的なルールで、最初に賭けポイントの初期値を決め、自分の手札の強弱と相手の強気具合を見つつ、レイズするか降りるか決めていく。ポイントはお互いに100ポイントずつで、駆け引きに成功すれば最高25ポイントを一度に奪える設定になっていた。CPUの行動パターンが読みやすいため、難易度は低い。

脱衣CGは全裸を中心としたソフト路線のグラビア風で、無修正画像は含まれていなかった。同じシリーズとして『小森愛のどきどきラリー』『早川愛美のスネークキャンプ』など5作品が続いている。

当時の実写物はパッケージのインパクトや裏要素頼みで内容は粗末なことが多かったが、本作品はボリューム感があり、比較的遊べるゲーム性を備えていた印象である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03