title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『その後の慶子ちゃん パート3 新妻編』 概要

sonogokcnd01sonogokcnd02
©1986 CHAMPION SOFT
その後の慶子ちゃん パート3 新妻編 (チャンピオンソフト)

・1986年**月**日? PC-8801用 FD版
・1986年**月**日? FM-7用 3.5インチFD版 5インチFD版

80年代中頃の作品で、『慶子ちゃんの秘密』のヒロイン慶子ちゃんのその後を描いたCG集の三作目。

おそらく『パート1』『パート2』と同時期にリリースされているが、絵のタッチが異なり、CGの数も9枚と多めである。

内容はシンプルな背景をバックに、半裸もしくは全裸の女の子が挑発的なポーズを取るシーンが中心で、他者との絡みはない。一部の画像では簡素ながら女性器がそのまま描写されていた。

個人的な印象として、新妻らしさを感じられるのは和服の一枚のみで、後は作品のテーマや慶子ちゃんに繋がる手がかりがない。実態は裏要素が売りのチープなCG集だったものが、JASTの『天使たちの午後 番外編』に倣った形で、ヒット作のネームバリューを借りたのかもしれない。

※2018/11/15 追記
隠し要素として、6枚目のCGが用意されていたようです。

調査担当

『その後の慶子ちゃん パート2 OL編』 概要

sonogokcol01sonogokcol02
©1986 CHAMPION SOFT
※画像の一部を加工してあります
 その後の慶子ちゃん パート2 OL編 (チャンピオンソフト)

 ・1986年**月**日? PC-8801用 FD版
 ・1986年**月**日? FM-7用 3.5インチFD版 5インチFD版

80年代中頃のCG集で、『その後の慶子ちゃん』シリーズの二作目。同時に『パート1 看護婦編』、『パート3 新妻編』がリリースされている。

慶子ちゃんの秘密』の後、もしも慶子ちゃんがOLになったら…?という設定になっている。

内容はCG5枚で、半裸、もしくは全裸の女性がベッドで無防備なポーズを取ったり、フェラチオをしたり、女性同士で絡み合ったりといったシーンが収められている。簡素なタッチながらすべてに女性器の無修正描写が含まれていた。

チャンピオンソフトの粗製濫造時代を象徴する作品である。

※2018/11/15 追記
隠し要素として、6枚目のCGが用意されていたようです。
 
調査担当

『その後の慶子ちゃん パート1 看護婦編』 概要

sonogokck01 sonogokck02
©1986 CHAMPIONSOFT
 その後の慶子ちゃん パート1 看護婦編 (チャンピオンソフト)

・1986年**月**日? PC-8801用 FD版?
・1986年**月**日? FM-7用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代中頃の作品で、看護婦をテーマにしたCG集。『慶子ちゃんの秘密』(1984)の続編。

『慶子ちゃんの秘密』では年下の主人公を優しくリードしてくれる女子大生だった慶子ちゃんが、その後看護婦になったら…?という設定になっている。

デジタルコンテンツにはテキストが一切なく、5枚のCGを鑑賞していくのみである。CGはナース服の女性達の自慰や、男性と絡み合う姿が収められている。一部に露骨な無修正画像を含んでいた。

同時期に発売された続編として『パート2 OL編』、『パート3 新妻編』がある。販売形態は通販のみで、定価は3000円だったようだ。

設定とは裏腹に、女性達の髪の色や髪形が5枚ともバラバラで、すべて慶子ちゃんなのかどうかも判然としない。推測だが看護婦をテーマにしたCGが先にあり、タイトルが後から来たのかもしれない。

※2018/11/15 追記
隠し要素として、6枚目のCGが用意されていたようです。

 
調査担当

『季刊 ディスミックス 年末号』 概要

季刊 ディスミックス 年末号 季刊 ディスミックス 年末号
季刊 ディスミックス 年末号 季刊 ディスミックス 年末号
©1990 M-project/SOFTPAL Inc.
季刊 ディスミックス 年末号 (M-project/ソフパル)

・1990年12月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

美少女CGをメインテーマにしたデジタルマガジン『ディスミックス』の3作目。実質的にシリーズ最終号となった。

内容はプロのCGクリエーターと一般投稿によるCG集『CG MIX』、連載小説『ユニコーン・コントラクト』の第2話、ちょっぴりHなミニAVG『SILKY』、CG作成講座『あそうみるくのCG塗ろうゼ!』、同人ソフトなどを紹介する『電脳刑事コクチバン』、プレゼント情報やスタッフコメントを掲載する『ディスミックス通信』の6つとなっていた。

連載小説は緒に就いたばかりで、アンケートやイラストの募集告知もあり、休刊となる気配は感じられないが、この号を最後に発行は途絶えた。定価は4200円と前作より割増しで、反対に内容は若干ボリュームが落ちている印象である。

個人的に、『SILKY』は唐突なシナリオ、ゲーム性の無さ、アダルト要素の少なさで残念なクオリティーだが、後に設立されるソフパル傘下の人気ブランド『天津堂』を感じさせる塗りが印象的である。季刊誌として成功しなかった『ディスミックス』だが、90年代を支える若いクリエイター達が多数関わり、経験を積むのにそれなりの役割を果たしたのではないだろうか。

調査担当

『季刊 ディスミックス 創刊号』 概要

季刊 ディスミックス 創刊号 季刊 ディスミックス 創刊号
季刊 ディスミックス 創刊号 季刊 ディスミックス 創刊号
©1989-1990 M-project/SOFTPAL Inc.
季刊 ディスミックス 創刊号 (M-project/ソフパル)

・1990年04月**日 PC-9801用 3.5インチFD版/5インチFD版

前年の『創刊準備号』に続くデジタルマガジンの2作目。正式名称は『電脳アクセス ディスクマガジン 季刊ディスミックス』の創刊号である。

内容はプロの作家陣と一般からの投稿による美少女をテーマにしたCG集「CGMIX」、連載小説「ユニコーンコントラクト」の第1話、ミニゲーム「15パズりんぐ」、ギャグタッチのミニAVG「MJ-12の謎」、漫画家あらきあきらによるHな紙芝居「ふにふにシアター」、求人情報やパソコン通信のホスト局を紹介する情報コーナー「電脳刑事 コクチバン」、CG作りの基本的なテクニックを紹介する「あそうみるくのCG塗ろうゼ!」、編集後記やプレゼント情報を掲載した「ディスミックス通信」の8本となっていた。

定価は3500円で、当時の標準的なPCゲームの定価7000~8000円に対して半分程度の価格設定だった。内容を占めるCGの比重が高く、レベルの高い物から低いものまで自由で雑多な雰囲気を楽しめる。

同年に『年末号』が続いている。

創刊準備号の健全な一般向け美少女CG誌の路線を受け継ぎながらも、アダルト向けのショートストーリーを含んでいるのが大きな変更点である。もっとも、当時の一般向けパソコン雑誌にも18禁ソフトの紹介コーナーがあるのが普通で、それらの刊行物の購入に年齢制限がなかったこともあって、境界があやふやな時代だった。PCソフトで明確な住み分けがなされるのは『電脳学園』(1989)の訴訟などを経ての事だった。

調査担当

『ドキドキシャッターチャンス! 別売りデータ集 #3 ~バスガイド編~』 概要

ドキドキシャッターチャンス! 別売りデータ集 #3 ~バスガイド編~ ドキドキシャッターチャンス! 別売りデータ集 #3 ~バスガイド編~
ドキドキシャッターチャンス! 別売りデータ集 #3 ~バスガイド編~ ドキドキシャッターチャンス! 別売りデータ集 #3 ~バスガイド編~
©1989 elf
ドキドキシャッターチャンス! 別売りデータ集 #3 ~バスガイド編~ (エルフ)

・1989年02月08日 PC-8801用 FD版
・1989年02月08日 PC-9801用 5インチFD版

ドキドキ!シャッターチャンス!!』(1988)の拡張ディスクの第3巻。同時に『#1 女子校編パート2』『#2 看護婦編』が発売されている。

単品では動作せず、本編の起動ディスクが必要である。ゲームシステムは全く共通で、マップと女の子のCGが総入れ替えとなる。本編の定価は約5000円、別売りデータ集は各3000円程で、当時としてはやや安めの価格帯だった。

主人公『亀羅 小僧』は、カメラ一つで法では裁けない悪人を退治する、カメラ小僧である。今回の依頼人は新人のバスガイドで、かわいい顔と明るい性格のおかげで社内の人気者になったものの、先輩のバスガイド達から「いびり」を受けているという。彼女のHな写真を条件に依頼を引き受けた主人公は、バス会社に潜入して、先輩バスガイド達の恥ずかしい姿を盗撮していく。

CGは主人公が自ら盗撮した先輩達の10枚と、報酬として観賞できる5枚の計15枚で、いずれもバスガイドをテーマにしたアダルトCG集風である。大人の女性を扱ったアダルトCGとしては頭身が低めで、あどけない顔立ちなのが印象的である。

1997年に『日本一ソフトウェア』からPS用一般ゲームとして『どきどきシャッターチャンス☆ ~恋のパズルを組み立てて~』が発売されているが、こちらは対戦ジグソーパズルゲームで、タイトル以外の共通点がないようだ。

調査担当

『ドキドキシャッターチャンス! 別売りデータ集 #2 ~看護婦編~』 概要

ドキドキシャッターチャンス! ~看護婦編~ サンプル ドキドキシャッターチャンス! ~看護婦編~ サンプル
ドキドキシャッターチャンス! ~看護婦編~ サンプル ドキドキシャッターチャンス! ~看護婦編~ サンプル
©1989 elf
ドキドキシャッターチャンス! 別売りデータ集 #2 ~看護婦編~ (エルフ)

・1989年02月08日 PC-8801用 FD版
・1989年02月08日 PC-9801用 5インチFD版

アダルトアクションゲーム『ドキドキ!シャッターチャンス!!』(1988)のマップと女の子を入れ替える拡張ディスクの第二巻。同時に『#1 女子校編パート2』『#3 バスガイド編』がリリースされている。

法では裁けない悪をカメラ一つで退治する『早撮りのジャック』こと亀羅小僧は、とある看護婦から仕事を依頼される。医師や患者から評判の高い彼女は、先輩の看護婦達からいじめを受けているというのだ。義侠心に厚い亀羅は、報酬として彼女自身の恥ずかしい写真をもらうことを条件に、総合病院に入り込んで看護婦たちのあられもない姿を盗撮していく。

ゲームシステムはオリジナル版と全く同じで、制限時間以内に敷地内で10人の女の子を見つけ、ストロボの射程内でシャッターを切る事でカメラに収めていくアクションゲームである。単品では動作しないが、マップや女の子のCGはすべて入れ替わっており、追いかけてくるお邪魔キャラも警備員になっている。

クリア後に観賞できるCGはカメラ目線が多く、挑発的なポーズや自慰が中心で、盗撮というより普通のアダルトCG集である。報酬の依頼人の恥ずかしい写真も同様で、何故か複数の女の子の5枚となっており、合計すると収録数は15枚となる。

ゲーム性、ボリューム、CGのクオリティ共に突出している部分はないが、エルフ草創期の作品ということで現在プレミアムが付いているようだ。

調査担当

『ドキドキ!シャッターチャンス!! 別売りデータ集 #1 ~女子校編パート2~』 概要

ドキドキ!シャッターチャンス!! 別売りデータ集 #1 ~女子校編パート2~ サンプル ドキドキ!シャッターチャンス!! 別売りデータ集 #1 ~女子校編パート2~ サンプル
ドキドキ!シャッターチャンス!! 別売りデータ集 #1 ~女子校編パート2~ サンプル ドキドキ!シャッターチャンス!! 別売りデータ集 #1 ~女子校編パート2~ サンプル
©1989 elf
ドキドキ!シャッターチャンス!! 別売りデータ集 #1 ~女子校編パート2~ (エルフ)

・1989年02月08日 PC-8801用 FD版
・1989年02月08日 PC-9801用 5インチFD版

前年に発売されたアクションゲーム『ドキドキ!シャッターチャンス!!』の女の子CGを入れ替える拡張パック。同時に『#2 ~看護婦編~』『#3 ~バスガイド編~』がリリースされている。

ヤクザの娘という理由から学校で仲間はずれにされている、という少女から依頼を受けたカメラ小僧の主人公は、再び女子校に潜入して友人達の「恥ずかしい写真」を狙い、教員をかわしながら盗撮を試みていく。

ゲームシステムはオリジナル版と全く同じで、上下左右にスクロールするマップ上を歩き回り、10人の女の子の姿を順不同でカメラに収めていく流れである。マップも本編と共通しており、女の子の配置とCGが異なるのみである。

CGは本編と比べると格段に丁寧な仕上がりとなった。自慰シーンや笑顔のカメラ目線が多く、盗撮らしい臨場感よりも挑発的なアダルトCGらしさにシフトしている印象である。クリア時には依頼人の恥ずかしい写真として、何故か複数の女の子達の露出CGが観賞できるようになっていた。

調査担当

『ドキドキ!シャッターチャンス!! 』 概要

dokidokisc02.png dokidokisc19.png
dokidokisc14.png dokidokisc29.png
©1988 elf
ドキドキ!シャッターチャンス!! (エルフ)

・1988年12月08日 PC-8801用 FD版
・1989年05月13日 PC-9801用 5インチFD版

80年代後半の作品で、盗撮をテーマにしたアダルトアクションゲーム。後にヒットメーカーとなったブランド『élf(エルフ)』のデビュー作である。ただしエルフの正式な創立は翌年4月で、当時はフェアリーテールの社内ブランドという扱いだったのかもしれない。

主人公『亀羅 小僧』は、早撮りジャックの異名を持つ、正義の盗撮カメラマンである。学校でいじめにあっている少女から依頼を受けた主人公は、彼女の恥ずかしい写真を条件に、女子校へ潜入して、彼女をいじめた10人の恥ずかしい写真をカメラに収めていく。

マップは俯瞰型で、画面が上下左右にスクロールするタイプのアクションゲームである。プレイヤーは、カメラ小僧を操って女子校の校舎やプール、テニスコートなどを歩き回り、女の子を見つけたら、ストロボの範囲に入るように接近し、シャッターを切っていく。

シャッターボタンを押してからストロボが光るまでに、2、3秒の時間差があり、その間女の子が激しく動いたり、建物の影に隠れたりするので、難易度はかなり高い。また、追尾してくる先生(複数)に捕まってしまうと、それまで撮った写真を処分させられてしまうルールとなっている。10人の女の子に対してフィルムは10枚しかないため、クリアするには、制限時間以内にノーミスで回る必要がある。

盗撮写真は、着替えやスポーツをする様子で、服の上から乳首の突起が分かる描写、胸の露出などがあるものの、アダルト描写は全体的に控えめである。

翌年に追加データ集として『#1 女子校編パート2』『#2 看護婦編』『#3 バスガイド編』が続いている。

個人的な印象としては、ボリュームもクオリティも低い小粒な作品ながら、難易度が高いだけにCGを確認する際はドキドキがあり、達成感のあるミニゲームである。翌年に東京都で独立を果たしたエルフは、ユニークな企画とクオリティの高さでトップメーカーにのし上がり、90年代中頃には「東のエルフ、西のアリス」と横綱に例えられるまでに成長していく。

調査担当

『SEXY ORANGE』 概要

SEXY ORANGE サンプル SEXY ORANGE サンプル
SEXY ORANGE サンプル SEXY ORANGE サンプル
©1987 システムハウスOH!
SEXY ORANGE (システムハウスOH!)

・1987年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の実写写真を使った「ビニ本」風のアダルトCG集。

ゲーム性はなく、ヌードグラビア風の実写CGが11枚収録されていた。モデル女性の名前はクレジットされず、写真はバストと下着をつけた股間のアップが中心である。下着が半透明でアンダーヘアがうっすらと確認できるのが大きな特徴である。

80年代は「ヘアヌード」が非合法として取締りの対象となっており、芸術性のある洋画では見逃されるケースがあったようだが、陰毛が意図的に写りこんでいる出版物はしばしば摘発を受けていた。また、そうした規制のギリギリを狙った際どいグラビアも「ビニ本」と呼ばれ流行していたようだ。

ヘアヌードが黙認の形で解禁状態になり、ブームを巻き起こすのは91年頃からである。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03