title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『虜』 概要

虜虜
虜虜
©1996 D.O. / Contents Traffic,Inc.
 (D.O.)

・1996年10月11日 Windows95用 CD-ROM版
・1999年09月10日 Mac OS 8用 CD-ROM版
・2000年01月28日 Windows98用 DVD-ROM 『虜2虜』に収録
・2001年06月15日 Windows2000用 CD-ROM 廉価版
・2006年05月05日 ダウンロード販売開始 【DLsite】【Gyutto】【DL.Getchu

90年代中頃の作品で、男性教師が女子生徒を監禁し、理想の男女関係を強いていくSM系の調教シミュレーションゲーム。

主人公は表向き、平凡な生活を送る新米の学園教師である。しかし、女生徒を乱暴に犯したいという欲望を常に抱いており、教え子の「田村 麻美」に目をつけ、雌豚として荒っぽく飼い慣らしていた。そんなある日、主人公は麻美からある計画を持ちかけられる。家族の復讐のため、清楚で大人しい美少女「佐伯 由美子」を、夏休みに人里離れた別荘に監禁し、徹底的に調教して欲しいというのだ。主人公はリスクを覚悟の上で、麻美に準備を整えさせ、由美子を従順な性奴隷に仕上げる危険なゲームに挑んでいく…。

ゲームシステムは、かなり本格的な育成SLGである。7月20日から8月31日までの間、一日2回ずつ、3人のヒロインの中から一人を選び、「快楽調教 バイブ」「被虐調教 鞭」「羞恥調教 排尿」といった2段階のコマンドでプレイを選び、パラメータを育成していく。

「意識」が0になると失神してペナルティが発生し、「体力」や「理性」が0になるとゲームオーバー、逆に体力や理性が満タンだと逃亡したり、自殺したりでゲームオーバーを迎える。他にも病気や生理、無気力などの状態異常でパラメータが削られるため、健康状態に気をつかいつつ、生かさぬよう殺さぬよう、しつけ的なプレイで「従順」を上げ、セックスの中で「快楽」「恥虐」「被虐」を育てて、心と体を慎重にコントロールしていく必要がある。

ゲームクリアするためには、三人共それなりに高水準に仕上げなければならないが、パラメータは減りやすく上がりにくく、状態異常は頻繁なため、常に忙しく目を配らなくてはならない。また、コマンドの種類は30種類と豊富で、ヒロイン毎にパラメータ変化も異なるため、全て把握して使いこなすには、かなりの経験を要する。難易度が高く奥行きのある育成SLGといえるだろう。

ヒロインは、純情可憐なお嬢様、ドMで共犯者の薄幸な少女、親友のピンチを救おうとして巻き込まれた、強気なスポーツ少女の三人である。最初は拒絶一色だったヒロインも、調教が進むにつれ、体の変化に戸惑い、容赦のない悪罵に心を折られ、やがて愛されようと積極的に媚び始める。最終日のパラメータの状態により、一人当たり3、4種類の個別エンドを迎える仕様となっていた。

アダルトCGのボリューム感は高く、バラエティ豊かである。通常の愛撫、セックスに始まり、アナル開発、放尿や浣腸プレイといった変態プレイ、縛り、拘束、剃毛、鞭、蝋燭といった通常のSMプレイ、刃物、三角木馬、首絞め、フィストファック、薬物といったハードで過激な描写を含んでいた。

当時としては珍しく、Windows版が先行した作品で、ヒロイン達はオリジナル版からフルボイスである。その代わり、ヒロインの台詞はメッセージウィンドウに一切表示されないという、後世からみると妙な仕様になっている。

シリーズの2作目として『虜2』(1997年)が続いている。また、ゲーム内容はそのまま、CGを実写化した『虜 実写版』(1999年)があり、D.O.自ら制作を手がけている。

ディレクター、ゲームデザイン、原画、シナリオにいたるまで、広崎悠意氏が幅広く兼務した作家性の強い作品である。個人的な印象としては、かなりゲーム性に凝っており、上級者好みのやり込みゲームいえるだろう。また、主人公が自身のサディズムについてプライドを持ち、独特の美学を語り、ヒロインを落とした後も、露ほども甘い顔をしないのが異様で、“本物”の凄味を感じさせる作品である。


公式HP
http://www.do-game.co.jp/r18/products/%E8%99%9C/


調査担当

『雑音領域』 概要

zori00zori02
zori03zori01
©1994 D.O.
雑音領域 (D.O.(ディーオー))

・1994年12月16日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版 CD-ROM版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1996年01月19日 Windows95用 CD-ROM版
・2001年08月31日 Windows98/ME/2000用 CD-ROM 『D.O.Classics Vol.1』(リメイク版)
・2006年09月22日 ダウンロード販売開始(リメイク版) 【DLsite】【Gyutto】【Getchu】【DMM

90年代中頃の作品で、美しい姉妹が暮らす館を舞台にしたホラーアドベンチャー。原画、シナリオの両方を広崎悠意氏がつとめている。

主人公「松本直人」は若手の脚本家。義妹の「真理子」を乗せ、田舎の養父母の家から東京へ戻る途中、休憩のためにインターチェンジを降りた直人は、迷って山道をさまよう内に、助けを求めるメイド「弥生」と、高圧的なお嬢様「蒔絵」に出会った。蒔絵に促されて彼女たちの館に滞在することになった直人は、5人の姉妹が一族の規律という異様なルールに取り憑かれているのを目の当たりにし、真理子と弥生を連れて屋敷を出ようとするが…?

システムはシルキーズの『河原崎家の一族』(1993)に似た、選択肢分岐型のADVである。「地下室を調べる」「立ち去る」といった2~3択の選択肢が頻繁に現れ、複雑に分岐と合流を繰り返していく。その辿った経路により18種類のエンディングを迎える仕組みとなっている。一周あたりのボリュームは短いが、分岐が複雑で総当りが通じにくく、難易度は高めである。

シナリオは常識人な主人公が、崖崩れに阻まれて人里離れた洋館に滞在する中で、独善的なルールを姉妹や使用人に強要する館の主、蒔絵に反発し、様子のおかしい義妹を連れて館からの脱出を目指していく。一方で、自身の欠落した記憶や夢の中に現れる女の言葉に興味を引かれ、館の秘密に足を踏み入れてしまう、といった流れである。全編通してシリアスで重苦しい雰囲気のサスペンスで、エンディングの大半は主人公死亡によるバッドエンドである。また、SF要素と猟奇性の交じり合った独特の世界観が印象的である。

アダルト要素の大半は、主人公が住人達から誘われて応じる形の穏当な和姦だが、一部に緊縛、剃毛、鞭打ち、三角木馬などのSM要素、薬を盛られて理性を失っての強姦などを含んでいた。また、Hシーンに限らないが流血シーンが多く、女性の痛々しい姿やグロテスクな死亡シーンが登場するのも特徴的である。

派生作品に小説版がある。2001年にはCGを一新し、『D.O.Classics Vol.1』としてリメイクされた。

個人的な印象として、ストーリーがそれほど凝っている訳ではないが、音楽とショッキングな映像が独特の作風によくマッチしていて、アダルト要素もスリルもそれなりに楽しめる作品である。ビジュアルは好みが分かれる所だが、細かい点まで非常に緻密なタッチで描かれ、ボリュームもあり、物語の重厚さを支えている。主に原画を担当していた広崎悠意氏が本格的にシナリオを手がけた初の作品だったようだ。


調査担当

『星の砂物語2』 概要

hoshinosn2_01.png hoshinosn2_02.png
hoshinosn2_28.png hoshinosn2_51.png
©1992 D.O.
星の砂物語2 (D.O.)

・1992年06月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 FD版?
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM 『星の砂物語 バリューコレクション』に収録

90年代序盤の作品で、スキーリゾートで起こった傷害事件の謎を追っていくミステリーアドベンチャー。『星の砂物語』(1991)に続くシリーズ2作目。

前作の後、推理好きの中学生「真美」に誘われた主人公「彦五郎」は、真美たちの保護者としてスキー旅行に参加していた。ゲレンデも近く、周囲にはディスコや温泉もあり、ナンパし放題の楽しい旅行になる筈だったが、一行はペンションの二枚目従業員「エディ」が刺されて倒れている場面に遭遇する。幸い命を取り留めたものの、エディの意識は戻らないまま。真美に捜査を頼まれた彦五郎は、床に書かれた血文字「HO」を手がかりに、周辺人物の聞き込みを開始する。

システムはコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。ペンション内やゲレンデ、温水プール、ディスコ、喫茶店、ホットドッグ屋、大学内の施設などを巡り、出会った人物から「話す」「聞く」「考える」といったコマンドで情報を集め、真美に報告して捜査を進めていく。結末はラスト付近の選択肢でヒロイン個別エンドに分岐するマルチエンドとなっていた。行き先もコマンドも多く、難易度は高めだが、おまけ要素として作品外にヒントコーナーが用意されていた。

シナリオは「HO」というイニシャルの人物やエディの交友関係を探り、アリバイの有無を調べたり、エディとの怪しい噂の真相を確かめていく一本道の流れとなっていた。作風は前作に続きアダルト重視で、8人の女の子に複数のHシーンが用意されている。また、主人公が行く先々で女の子の方からHに誘われ、激しい乱れ方に困惑しつつ相手をするケースが多い等、セックスに貪欲な女性像が印象的である。

女性器の修正方法が独特で、モザイク等はなく、色を白色~水色に置換し、飛沫と同化させることで溢れ出した愛液によりフィルターされているような表現となった。そのためクリトリスや陰唇の形状はそのままに見えるという、業界に自粛ムード漂う中でのアグレッシブな姿勢である。また、強調されるドギツイ色の乳首や肛門、光沢の多い肌の表現など、けれん味のある女体表現が当時としては珍しい。

続編として『星の砂物語3』(1995)が続いている。

個人的な印象としては、前作より遥かにボリュームアップしている一方、行き先もコマンドも豊富なため、詰まった時の総当りに労力がかかる。作中のヒントによる誘導が全くあてにならないので、その繰り返しでテンポが悪いのが残念である(正解はヒントコーナーで聞けるがリセットが必要)。淫乱な女の子達と濃い肉体表現も好みの別れる所だが、嗜好が合えば実用性は高かったであろう。

調査担当

『星の砂物語』 概要

hoshinosuna04.png hoshinosuna09.png
hoshinosuna20.png hoshinosuna16.png
©1991 D.O.
星の砂物語 (D.O.(ディーオー))

・1991年03月10日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM 『バリューコレクション

90年代前半の作品で、ペンションで起こった殺人事件を題材にしたアダルトアドベンチャー。

海辺のペンションに勤める主人公「彦五郎(げんごろう)」は女たらしの19歳。ある日、ナンパで朝帰りした主人公を待っていたのは警察の取調べだった。宿泊中の男女6人グループの1人が遺体で発見され、主人公のシャツを握りしめていたというのだ。疑われていることに怒りを覚えた主人公は、真犯人を警察につき出すべく、業務のかたわら周辺人物たちの動機やアリバイを探っていく。

システムはコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。宿泊者の部屋や食堂、風呂場、海岸、警察署などを巡り、会話で情報を引き出したり、留守中に物色して手がかりとなるアイテムを見つけていく一本道の展開となっていた。行き先もコマンドの種類も多く、難易度はやや高めである。

装飾のない全画面表示が特徴的で、メッセージウィンドウ等はその上に重ねる演出となっており、いつでも非表示にできる点など、配置が後々のADVのスタンダードに近い。

シナリオは推理物を土台にしながら、宿泊中の女の子4人と経営者の娘1人に複数のHシーンが用意された、アダルト重視の作風である。女の子達の方から積極的に誘ってきて乱れるので、主人公はたじろぎながらも相手をするケースが多い。登場人物の誰もが何かを隠すような言動を見せる中、セックスと探索を通して彼女達と被害者「英治」との関係が次第に明らかになっていく。

当時としてはアダルト描写が非常に濃厚で、特に女性器を強調する大胆な構図が特徴的である。モザイク状の修正が施されているが、特定のコマンド入力で簡単にはずせる裏技が存在し、当時の規制の緩さを象徴する事例として有名になった。

続編として『星の砂物語2』(1992)、『星の砂物語3』(1995)が続いている。

個人的な印象としては、ビジュアルやストーリー展開に粗さを感じるものの、とにかくアダルトシーンのボリュームとこってり具合が圧巻で、細かい事が気にならなくなってくるレベルである。"淫乱な女の子達"というテーマに絞った、能天気で実用性の高いミステリー物、といった所か。

調査担当

『妖獣クラブ2』 概要

youjuuclub46.png youjuuclub43.png
youjuuclub41.png youjuuclub48.png
©1990 D.O.
妖獣クラブ2 (ディーオー(D.O.))

・1991年08月23日 X68000用 FD版
・2002年08月30日 Windows用 CD-ROM 『D.O.Classics Vol.3 「妖獣クラブ 2」』(リメイク)
・2006年02月24日 Windows用 DL販売開始 【DMM】【DL.Getchu】【Gyutto】【DLsite

90年代はじめ頃の作品で、"妖獣"をテーマに扱った陣取りパズルアクションゲーム。『妖獣クラブ』の続編。

ゲームシステムは、ほぼ前作と同じで、クイックス風の陣取りゲームにアダルト要素を付加したものである。プレイヤーである怪物の武器は、敵陣地を縦断・横断した際に描く軌道が閉じたとき、密閉された図形が自陣地になる点で、妨害してくる女の子を閉じ込めたりしながら、画面の80%を手に入れればクリアである。

女の子1人につき2ステージあり、10人なので合計20ステージとなる。面が進むごとに敵の動きは速くなっていく。CGは1人あたり3枚で、着衣状態に始まり、ストーリーを感じさせる段階的な異種姦シーンが描かれている。

相変わらずゲーム難易度は高いが、設定でEASY、NORMAL、HARDの三種類からモードを選ぶことができ、残機も調整できるなど、前作に比べるとやや緩和されている。また、到達したステージまでのCG閲覧も可能で、前作のディスクがあれば、妖獣クラブ1のCGも見ることができるなど、オマケ機能が充実をみせている。

PC-9801移植版として『妖獣倶楽部カスタム』があり、CGは妖獣クラブ1、2から流用されたものの、ゲームは神経衰弱となった。また、「妖獣」を扱った作品としてシミュレーションRPG『妖獣戦記』(1993)が続き、D.O.を代表する人気シリーズとなっている。

調査担当

『妖獣クラブ』 概要

youjuuclub01.png youjuuclub02.png
youjuuclub13.png youjuuclub28.png
©1990 D.O.
妖獣クラブ (D.O.(ディーオー))

・1990年06月29日 X68000用 FD版
・2002年03月15日 Windows用 CD-ROM 『D.O.Classics Vol.2 「妖獣クラブ」』(リメイク)
・2006年02月24日 Windows用 DL販売開始 【DMM】【DL.getchu】【Gyutto】【DLsite

90年代初頭の作品で、妖獣に襲われる女の子をテーマにした陣取りパズルアクションゲーム。アダルトゲームとしては"淫獣"による陵辱をメインテーマに扱った最古の作品である。

ゲームシステムはタイトーの人気アーケードゲーム、『QIX(クイックス)』(1981年)にアダルト要素を加えたような、パズルアクションゲームである。ゲームの背景画面がご褒美CGを兼ねた絵柄となっており、自機を操作して、敵陣地を四角く切り取る事で自分の陣地を広げ、下敷きの画像を露出させていく。プレイヤーは一匹のモンスターとなり、境界線上を追いかけてくる天使、敵陣地内を跳ね回る女の子達を避けながら画像を切り取り、80%を占有すればクリアとなった。

CGは女の子一人あたり3枚用意されていて、それが三層に積み重なっている演出となっているため、最後まで見るにはコンテニュー無しで2連続クリアする必要がある。女の子の数は10人なので、ステージは合計20面である。敵の動きが速く、アクションゲームとしては非常に難易度が高かった。

アダルトCGは、女の子の背後に異形のモンスターが現れる場面に始まり、服を破かれる第二枚目、陵辱される第三枚目、とストーリー性を感じさせる構成になっている。巨大なモンスターによる拘束、長い舌や触手、レズビアンによる陵辱の表現などを含み、異種姦を強調する点が特徴的である。

続編として、同じX68000用に『妖獣クラブ2』が続いた。PC-9801用に『妖獣倶楽部カスタム』が発売されたが、こちらはCGを妖獣クラブ1・2から流用しているものの、ゲームは神経衰弱となっていた。2000年代に入ってから再び陣取りゲーム『妖獣クラブ(D.O.Classic Vol.2)』(2002年)としてリメイクされたが、CGはすべて新規のものに差し替えられた。

コンセプトの似た作品に、カネコのアーケードゲーム『ギャルズパニック』(1990年)のシリーズがあり、タイトーが販売も手がけた正規許諾品だったが、脱衣+QIXの着想は本作品の土台となった『ときめきチェリーボックス』(1990年)が最も早かったようだ。

タイトルは当時の成人漫画家、前田俊夫氏の作品の影響をうけたものと思われる。この作品以後、女の子が「淫獣」「妖獣」と呼ばれる奇怪なモンスターに襲われる異種姦物は、アダルトゲームにも定着し、マイノリティながら一定の需要を誇るジャンルとなった。ただし、触手に襲われる表現は前年あたりから流行しており、異種姦も『グラムキャッツ』(1988年)の例があるため、表現自体が元祖という訳ではない。

調査担当

『ときめきスポーツギャルⅢ』 概要

ときめきスポーツギャルⅢ サンプル ときめきスポーツギャルⅢ サンプル
ときめきスポーツギャルⅢ サンプル ときめきスポーツギャルⅢ サンプル
©1988 ADULT INN
ときめきスポーツギャルⅢ (アダルティン)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、スポーツと女の子をテーマにした脱衣クイズゲームの第三弾。

』『』と全く同じ形式で、スポーツをする女の子のCGを一枚観賞した後、そのスポーツに関する問題が出題され、正解すれば脱衣シーンが表示される流れである。種目は卓球、アイスホッケー、ウィンドサーフィン、ローラースケート、登山、フェンシング、薙刀の7種類となっている。

クイズはそのスポーツに関する豆知識、雑学を紹介した後、それとはまったく別の問題が出題される独特の語り口で、問題の難易度は各スポーツの経験者なら知っている辺りの難易度だった。脱衣CGはスポーツと全く関係なくなり、黒い背景をバックに着替えや自慰の様子を描いたものとなっており、口パク、まばたき等、部分的なアニメーションが施されている。

後にアクションパズルゲーム『ときめきCHERRY BOX』で本作のCGが流用されている。

調査担当

『ときめきスポーツギャルⅡ』 概要

ときめきスポーツギャルⅡ サンプル ときめきスポーツギャルⅡ サンプル
ときめきスポーツギャルⅡ サンプル ときめきスポーツギャルⅡ サンプル
©1988 ADULT INN
ときめきスポーツギャルⅡ (アダルティン)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、様々なスポーツをテーマにしたクイズ形式の脱衣CG集の第二弾。

システムは1作目とほぼ同じで、最初にスポーツをプレー中の女の子のCGが表示され、次にそのスポーツに関するクイズ問題となり、正解すればその女の子の脱衣CGが一枚拝める作りである。スポーツの種類はロードレース(自転車)、ハードル、ヨット、アーチェリー、ゴルフ、水上スキー、ハンググライダー、カーレースの9種目と規模は半減している。

クイズはその競技に関する豆知識を紹介した後、それとは全く関係ない3択クイズが1問出題される形式になっている。そのスポーツの起源や用語に関する内容が多く、難易度は高めである。脱衣CGは主にシャワーシーンなどで、まばたきのアニメーションが施されていた。

同時期に第三弾となる『ときめきスポーツギャルⅢ』も発売されている。

前作と比べると道具類のいい加減な描写が目立ち、脱衣CGもスポーツと関係ない場面がほとんどで、テーマへのこだわりが薄れた印象である。

調査担当

『ときめきスポーツギャル』 概要

ときめきスポーツギャル サンプル ときめきスポーツギャル サンプル
ときめきスポーツギャル サンプル ときめきスポーツギャル サンプル
©1988 ADULT INN
ときめきスポーツギャル (アダルティン)

・1988年04月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、スポーツ少女をテーマにした脱衣クイズゲームの第一弾。アダルティンは後の人気ブランド『D.O.(ディーオー)』の前身である。

システムはまずスポーツ競技中の女の子のCGが大きく表示され、次にクイズ問題を含むテキスト画面になる。正解なら同じ女の子が自慰にふける姿などを描いたCGが一枚表示され、次の女の子へ進む仕組みである。不正解の場合もペナルティはなく、次の女の子へ淡々と移っていく。

スポーツの種類はテニス、サッカー、ソフトボール、バスケットなどのメジャースポーツから、新体操、乗馬、飛び込みなど競技人口の少ないものまで様々な20種目となっていた。

テキスト部分はそれぞれの競技に関するミニ知識や、多少こじつけ気味の雑学紹介が半分以上を占めていて、クイズ問題はオマケのように添えられているのが特徴的である。クイズは3択問題で、競技経験がなければ知らないような一般常識以上の難易度になっていた。

続編として『ときめきスポーツギャルⅡ』『ときめきスポーツギャルⅢ』が続いている他、パズルアクションゲーム『ときめきCHERRY BOX』(1990)に本作のCGが流用されている。

本格クイズゲームというよりはCG集寄りで、クイズ部分はスパイス的な印象である。CG集として見た場合クオリティは高めで、ボリュームは平均的なものだった。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03