title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ようこそシネマハウスへ』 概要

cinemahouse00.png cinemahouse01.png
cinemahouse04.png cinemahouse03.png
©1994 HARD
ようこそシネマハウスへ (HARD)

・1994年01月28日 PC-9801用 3.5インチFD版

90年代中頃の作品で、SF風の世界を舞台に新米監督となって映画を作っていくシミュレーションゲーム。渋い作風と自由度の高さからカルト的な人気を誇った。

映画監督になるのが夢だった主人公(名前は任意)は、親戚の遺産が転がりこんでくる幸運に恵まれ、迷わず星間連絡船で映画の街「パライソ」に向かった。劇場「シネマハウス」のオーナーにあれこれと後援してもらい、多くの仲間に出会い、トラブルを乗り越えながら映画を撮り続け、街に溶けこんでいく主人公だったが、星間戦争に巻き込まれたパライソは次第に戦時色が濃くなり、戦況の悪化や軍の威圧、徴兵が映画作りに暗い影を落としていく。

システムは街中を散策するADVパートと、スケジュールを組んで映画を撮影するシミュレーションパートの2つで構成されている。

ADVパートは時間消費+体力消費するコマンド型で、2ヶ月毎にやってくる映画公開日に合わせて必要な物を手配していく。レストランやバー、広場などを巡回して作家から原作を買い、脚本家に依頼を出し、主演女優、助演俳優、助監督、カメラマン、美術、音楽家の知り合いを増やして、次回作のスタッフを選んでいくのが基本の流れである。また、様々なイベントが起こって撮影に支障がでるため、情報を集めて事件を解決する一般的なADV要素も備えていた。

シミュレーションパートは、断片になった各シーンの撮影を日程の空欄に配置していくスケジュール管理型である。期日に間に合わせる為に無駄なく詰め込む必要があるが、スタッフ同士が喧嘩をして機嫌が悪くなったり、主演女優が疲れて作品の完成度が下がっていくので、適度に休みを入れたり、宴会や麻雀大会を開いて不満を解消してやる必要があった。一般に能力の高いスタッフほどコストが高く、コミニュケーションに問題があるため、メンバーの選抜で悩むことになる。

完成した映画は作品内でショートストーリーとして流される。ジャンルは恋愛、SF、ホラー、ポルノ、コメディ、サスペンスの6種類である。原作だけで30本以上のストーリーがあるが、9人の脚本家の誰を選ぶかによってまるで違うジャンルの作品に変貌することがあり、3人の主演女優、3つの助演劇団によってキャストの顔も変わるため、作品のバリエーションは膨大な数にのぼる。組み合わせによって興行成績の当たりはずれが大きく、はずれが続くと資金繰りが苦しくなっていく仕様である。

一般的なゲーム目標は撮った映画が大ヒットを連発し、年に一度の「映画祭」で監督大賞を受賞する事だが、軍のプロパガンダ映画専門の監督になるEND、カジノで大金を稼ぐギャンブラーEND、主演女優の誰かと結ばれるENDなど、遊び方によっては特殊なエンディングを迎えることがあった。

ゲーム自体の世界観はSFだが、どこかノスタルジーを感じさせる独特の雰囲気があり、仲間が一人、また一人と徴兵されていったり、麻薬で摘発されたり、仲間割れを起こしたりで顔ぶれが変わり、寂寥感を漂わせる。

アダルト要素は主に、原作がポルノの作品を撮った際、もしくは普通の原作をポルノ専門の脚本家に任せた際に発生する映像で、内容は恋愛物からコメディ、SF、ホラーなど様々である。また、シリアスな映画の中で唐突にお色気を挟むネタプレイができたり、カジノのブラックジャックで連勝してディーラーを脱がせることができたり、定期的に「あやしい店」でのストリップCGが変わるなど、オマケが所々に仕込まれている。

個人的な印象としては、アダルトゲームとして遊べるほどアダルト要素が豊富な一般ゲームである。操作性やバグの多さで洗練度の足りない部分があるものの、ゲーム性の良さ、やり込み要素に光るものを感じる。当時のパソコン情報誌に絶賛され、ジワジワと人気が広がったようだ。体制に押し流されていく中、最後まで仲間が集まって一つの事に熱中する展開は、古い青春映画を見るようで素朴ながら味わい深い。

調査担当

『せまってみたい』 概要

せまってみたいせまってみたい
せまってみたいせまってみたい
©1989 HARD
せまってみたい (HARD)

・1989年08月10日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1989年08月10日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2/MSX2+用 FD版

80年代末期の作品で、憧れの女の子を口説き落とし、愛のあるエッチを目指すアダルトアドベンチャー。

かわいい女子学生(名前は任意)とのデートの約束を取り付けた主人公。アルバイトで55,000ゴールドを稼いた彼は、早速彼女の友達から様々な情報を聞きだした。そして待ちに待ったデート当日。果たして主人公は、好みのうるさい彼女のご機嫌を取り、数々の障害を乗り越えて、無事にベッドインする事ができるだろうか…?

様々なミニゲームが組み合わさったADVで、探索シーンやコマンドはなく、進行役の妖精の案内に従い、選択肢や穴埋め問題、間違い探し、カーソルによる弱点探しなどをこなしていく流れである。失敗続きだと彼女が怒って帰ったり、資金が底をついてゲームオーバーとなった。

ヒロインは制服姿の女の子一人である。シナリオはプレイヤーが彼女の機嫌を損ねないよう、下心は隠し、紳士で気配りのできる優しい男を演じていくナンパゲーム風の展開で、最終的には両思いとなって結ばれるまでが描かれている。

個人的な印象として、ミニゲームを集めたような作りは古めかしく、ビジュアルもパッとしない印象である。しかし、不特定多数の女の子を引っ掛け、時に騙す形でセックスに至る当時のナンパ物とは異なり、単一のヒロインで「愛のあるエッチ」がテーマの一つになっている点は注目していい。恋愛ADVとまで言えるか微妙な段階だが、時代の潮流が感じられる作品である。

調査担当

『はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ』 概要

はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ
はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ
©1990 HARD
はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ (HARD)

・1990年04月26日 PC-8801用 FD版
・1990年09月14日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1990年10月16日 MSX2/MSX2+用 FD版
・1991年09月06日 X68000用 FD版
・1993年02月13日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『はっちゃけあやよさん123』に収録
・1999年10月29日 Windows用 CD-ROM 『はっちゃけあやよさん123 For Windows』に収録

90年代初頭の作品で、二人の女子校生のHな体験を描いたアダルトアドベンチャー。『はっちゃけあやよさん』(1989)の続編である。

前作のアルバイトでお金を貯めた「あやよさん」は、同級生の「トモコ」を誘い、日曜日にショッピングに出かけた。普通に買い物を楽しもうとする二人だが、街で道を聞くために声をかけた人物は怪しい奴ばかり。やっと辿り着いたお店では店員に騙され、Hな悪戯をされて・・・?

システムは選択肢タイプだが、分岐点は冒頭の一箇所だけで、後の選択肢はクイズ問題かコマンド風である。冒頭で映画館、本屋、靴屋のどれを選ぶかによって3種類の展開があり、すべて見終わるとエンディングとなった。

シナリオは2人の女の子のどちらか一方が店員に襲われたり、秘薬の力(?)で映画の中の登場人物になったりと、トラブルに巻き込まれていく展開となっていた。

口や指先の動き、胸の揺れなどが部分的にアニメーションする仕様で、CG枚数は前作に比べると増量され、メッセージも大きく見やすくなっている。局部の描写はやや控えめになったが、形状が視認できる範囲で完全な修正には至っていない。また、PC-88版とPC-98版以降との絵柄が原画レベルで全く異なっている。

続編として『はっちゃけあやよさん3 私、逝っちゃったんです』『はっちゃけあやよさん4 セクシーオリンピック』『はっちゃけあやよさん5 ピカピカの小惑星』が続いた他、1~3をまとめた復刻版がFM-TOWNSとWindowsで発売されている。

「はっちゃける」という言葉についてだが、当時は一般的な日本語ではなく、北海道方言「はっちゃき(熱心な様子)」に由来し、テレビドラマ『あばれはっちゃく』(1979年~1985年)の中のセリフから「はじける」というニュアンスで2000年代に広まったようだ。その前段階として本作品のように「はっちゃけ」というフレーズがあったようだが、どういう意味合いだったのかは不明で、語呂の良さから何となく選ばれたようである。

調査担当

『はっちゃけあやよさん』 概要

はっちゃけあやよさん はっちゃけあやよさん
はっちゃけあやよさん はっちゃけあやよさん
©1989 HARD
はっちゃけあやよさん (HARD)

・1989年02月28日 PC-8801用 FD版
・1989年03月16日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1989年04月11日 MSX2用 3.5インチFD版
・1989年04月26日 X68000用 FD版
・1993年02月13日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『はっちゃけあやよさん123』に収録
・1999年10月29日 Windows用 CD-ROM 『はっちゃけあやよさん123 For Windows』に収録

80年代末期の作品で、おっとりした女子校生のHな体験を描いたアドベンチャー。

「綾代さん」は某女子校に通うおとなしい性格の女の子。ある日の夜、アルバイト先のおもちゃ屋で閉店準備をしていると、怪しい客が隙をみて綾代さんに襲いかかった。最初は抵抗していた綾代さんの反応が変わり始めた時、忘れ物を取りに店長が帰ってきて・・・?

システムはシンプルで、ゲーム性はなく、CG付きの読み物といった印象である。一箇所だけ選択肢があり、謎の男が「水鉄砲」を選ぶか「手錠」を選ぶかで途中の演出が変化する。ただし結末は同じである。

口パクや胸の揺れ、指先の動きなどで部分的にアニメーションが用いられていた。局部はフィルター状の修正が入っているが、色の置き換えだけで形状は丸分かりであり、女性器の一部がはみ出していたりと形ばかりの修正だった。

シナリオはかよわい女の子の主人公が、男達にされるがままに体を弄ばれながらも、最後にはしたたかな一面を見せるという筋書きになっていた。

続編として『はっちゃけあやよさん2 いけないホリデイ』『はっちゃけあやよさん3 私、逝っちゃったんです』『はっちゃけあやよさん4 セクシーオリンピック』『はっちゃけあやよさん5 ピカピカの小惑星』が続いた他、1~3をまとめた復刻版がFM-TOWNSとWindowsで発売されている。

シナリオの短さ、ゲーム性の無さから低クオリティ作品の代表例として扱われる事があり、知名度は高い。一方で主人公のビジュアルやキャラクター、タイトルの語呂の良さ、低価格、無修正路線からか不思議と人気があり、シリーズは順調にヒットを重ねていったようだ。

調査担当

『HARDグラフィック総集編』 概要

HARDグラフィック総集編 サンプル HARDグラフィック総集編 サンプル
HARDグラフィック総集編 サンプル HARDグラフィック総集編 サンプル
©1988 HARD
HARDグラフィック総集編 (HARD)

・1988年08月**日 PC-8801用 FD版
・1988年08月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版

80年代後半の作品で、それぞれテーマの異なるディスクが3枚セットになったCG集。

1枚目はHARD社が過去にリリースしたゲームの中からのピックアップや未公開CGを収録している。2枚目は漫画家わたなべわたる氏が原画を手がけたものが中心である。3枚目は単独ヒロインによるストーリー仕立てで、彼氏との初体験から体がうずいてしまい、夢うつつの中で自分を慰めてしまうという筋書きになっていた。

局部はフィルター状の修正が施してあるが、色をピンクと白のモノクロに置き換えただけなので形状は認識できる。収録CGの合計は50枚ほどだった。


調査担当

『HARD社の社長が社員に面白いと認めさせたクイズ第1弾、君も成田へ行って勝手にジャンケンをしよう』 概要

サンプル サンプル
サンプル サンプル
©1988 HARD
HARD社の社長が社員に面白いと認めさせたクイズ第一弾、君も成田へ行って勝手にジャンケンをしよう (HARD)

・1988年01月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 FD版
・****年**月**日 X1turbo用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

正解率に応じて女の子の脱衣CGが観賞できるクイズゲーム。80年代のアダルトゲームの中で最もタイトルの長い作品である。

ゲームシステムは、様々なジャンルから出題される○×や3択問題を、制限時間内に答えていく一般的な形式である。正解すれば左側に表示される黒スクリーンの一部が開放され、ご褒美CGが次第に見えてくる仕組みとなっている。1ステージにつき出題数は最大12問で、1問正解ごとに16枚のパネルの内2枚がランダムでめくれていく。12問を過ぎると正解数に関わらず強制クリアで、開放された部分だけが脱衣CGへと切り替わった。

女の子のCGは約30枚で、回答中は下着や水着姿だが、クリア時はほぼ全裸となり、まばたきのアニメーションをしてくれる。股間にはフィルター状の修正が施されているが、色を置換しただけなので形状は丸分かりである(当時はPCゲームの取り締まり事例がなく、各社が独自の裁量で規制していた)。

クイズのジャンルは歴史、地理、生物、国語、スポーツ、科学、映画、マンガなどで、比較的真面目な分野からの出題が多い。形式は3択か〇×クイズで、難易度は常識的なものからマニアックなものまで幅のある作りになっていた。

タイトルの後半部分の元ネタは、当時の人気TV番組、『アメリカ横断ウルトラクイズ』の二次予選として行われた、成田空港でのジャンケン大会だったようだ。ゲームの内容は番組と関係がなく、タイトルは無意味な長さをネタにしたギャグの一種だったと思われる。当時はTVのクイズ番組が全盛期を迎えつつあり、「脱衣クイズ」は80年代後半のアダルトPCゲームの特色の一つとなっている。

調査担当

『美少女写真館 ~ムービングスクール~』 概要

美少女写真館 ~ムービングスクール~ サンプル 美少女写真館 ~ムービングスクール~ サンプル
美少女写真館 ~ムービングスクール~ サンプル 美少女写真館 ~ムービングスクール~ サンプル
©1987 HARD
美少女写真館 ~ムービングスクール~ (HARD)

・1987年01月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 FM-7用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1987年07月**日 MSX2用 FD版 カートリッジ版 『ダブル・ヴィジョン 美少女写真館スペシャル!』に収録
・1987年**月**日 X68000用 FD版 『ダブル・ヴィジョン 美少女写真館スペシャル!』に収録

80年代中頃の作品で、HなCGを目当てにカメラを調整していく写真撮影ゲーム。

美少女写真館 ~スクールカット~』と発売時期が共通しており、予告画面でお互いがお互いを「PartⅡ」だと紹介しているので、同時にリリースされた二部作と思われる。

システムも上記と全く同一で、撮影場所に合わせてシャッターや絞り、感度などのカメラ設定を選択肢から選んでいく。設定ミスがあると色のにじんだCGが表示され、正解であれば補正がかかり、次のCGに進める流れである。

女の子は5人で、それぞれ2枚ずつCGが用意されていた。最初の1枚はパンチラなどのソフトなもの、2枚目は自慰やレズプレイなどのアダルト要素を含んだものだった。

続編として『美少女写真館3 Photo Club ~恐怖の館編~』(1988)、『美少女写真館 アウトサイドストーリー』(1990)が続いている。

調査担当

『美少女写真館 ~スタジオカット~』 概要

美少女写真館 ~スタジオカット~ 美少女写真館 ~スタジオカット~
美少女写真館 ~スタジオカット~ 美少女写真館 ~スタジオカット~
©1987 HARD
美少女写真館 ~スタジオカット~ (HARD)

・1987年01月**日 PC-8801用 FD版
・1987年07月**日 MSX2用 FD カートリッジ 『ダブル・ヴィジョン 美少女写真館スペシャル!』に収録
・1987年**月**日 X68000用 FD 『ダブル・ヴィジョン 美少女写真館スペシャル!』に収録
・****年**月**日 ファミコン・ディスクシステム用 ディスク版

80年代中頃の作品で、美少女の無防備な姿を被写体に、カメラの設定を調整していく写真撮影ゲーム。

ストーリー性は全くなく、プレイヤーはカメラマンとなって5人の女の子の生活風景を順番に撮影していく流れである。

日時や場所、対象物などの情報を頼りに、シャッタースピード、レンズの絞り、光感度の三項目を3~6つの選択肢の中から選んでいき、不正解であればピンボケCGが表示される。正解であれば綺麗なCGが観賞でき、次の女の子へ進めるシステムとなっていた。

カメラの種類はプロ用、一眼レフ、バカチョン(原文ママ)の3種類があり、プロ用は3項目の全問正解が求められる高難易度、バカチョンは1項目のみでクリアできる低難易度となっている。ステージが進むと低難易度カメラは選択できなくなっていき、最終ステージではプロ用しか選べない仕組みである。

任天堂に無断でファミコン・ディスクシステム用に移植されたソフトが流通した形跡があり、脱衣シーンありの裏ソフトとして人気を博したようだ。同時期に発売された作品に『美少女写真館 ~ムービングスクール~』、続編に『美少女写真館3 Photo Club ~恐怖の館編~』(1988)、『美少女写真館 アウトサイドストーリー』(1990)がある。

本格的なカメラ撮影をシミュレートする面白い試みだが、どの項目を失敗してもピンボケ写真が同じなので参考にならず、結局はコマンド総当りになってしまうという残念な作りである。印象としてはCG集に若干のゲーム性を付与した低価格ゲームといったところか。

調査担当

『カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜』 概要

カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜 サンプル カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜 サンプル
カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜 サンプル カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜 サンプル
©1987 HARD
カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜 (HARD)

・1987年12月**日? PC-8801用 FD版
・1988年**月**日? PC-9801用 FD版
・1988年**月**日? FM-7用 FD版
・1988年**月**日? MSX2用 FD版
・1988年**月**日? X-1版 FD版
・1988年**月**日? X68000用 5インチFD版
・****年**月**日? ファミコンディスクシステム用 ディスク版

80年代後半の作品で、ナンパをテーマにしたオムニバス形式の穴埋めクイズゲーム。『口説き方教えます』(1986)の続編にあたる。

ナンパ指南書的だった前作とは異なり、物語に重点を置いたショートストーリー集になっていて、それぞれ主人公とヒロインが異なる。ナンパの下手な少年とそれを見かねた姐御肌のOLの出会い、父親的な存在を求める女の子と単身赴任中の中年、ディスコで出会った美人の罠、ナンパした女の子が暴走族だった話、性知識に乏しい女子学生への教育の全5話を収録している。

ゲーム要素は会話中の伏字になっている単語を当てる部分で、例えば「まったく●●●●の女学生は恥じらいを知らんのか」というテキストに対して、「ちかごろ」と入力する事で先に進めるようになっている。正解する毎にヒント用のゲージが貯まっていき、分からない時はこれを消費して部分的に文字を開けられるサポートを備えていた。

ビジュアルは濃いタッチの塗りになり、手の込んだものになっている。部分的に動くアニメーションが非常に多く、特にセックスシーンでは顔全体が旋回したり、手淫する5指が個別に動くなど、複雑な動きをする点が特徴的である。局部はフィルター状の修正が入っているが、色を差し替えただけなので形状は丸分かりである。(当時は規制対象が曖昧で、PCソフトが摘発された事例がなかった。)

PC-9801、X68000、MSX2など互換性のないハード用に多数のパッケージがある他、任天堂の許諾表示がないファミコン・ディスクシステム用の物が存在し、裏ソフトとして密かに流通していたようだ。

操作性にやや難点があるが、読ませるストーリー性を備え、ゲーム難度も適度で、全体的に完成度の高い印象の作品である。

調査担当

『口説き方教えます』 概要

口説き方教えます サンプル 口説き方教えます サンプル
口説き方教えます サンプル 口説き方教えます サンプル
©1986 HARD
口説き方教えます (HARD)

・1986年12月**日? FM-7用 3.5インチFD版
・1987年**月**日? PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2版
・****年**月**日 X1版
・****年**月**日 X68000用 FD版

80年代中頃の作品で、ナンパをテーマにした穴埋め形式のクイズゲーム。

ストーリー性のある導入部分はない。プレイヤーが見知らぬ女の子に声をかける場面から始まり、会話の中の「●●●●●の旨い喫茶店知ってるんだ」といった風に、伏字になっている部分を文脈から推測し、文字入力していく流れである。どうしても解けない場合は、回数制限付きで文字を部分的に埋めることが出来るようになっていた。

女性は女子校生やお嬢様、おばちゃんなど10人がランダムで登場する。最初は堅い態度の女性を会話でなごませ、道端、喫茶店、食事、ディスコ、ホテルへと場所を移し、HなCGを観賞するのがシナリオの基本パターンとなっていた。

タイトル通り、女性と首尾よくベッドインする為の教材を兼ねているのが特徴的で、繰り返しプレイする事で、ナンパ師の手口を学習できるというコンセプトになっていた。幕間には、ナンパの心得を書いたメッセージが表示される仕組みで、合計5つある。

Hシーンは無修正で、局部はアンダーヘアまで豪快に描かれている珍しいタッチである(当時は陰毛が写りこんだ出版物・映像が猥褻物として取り締まられていた)。また、パッケージにはなぜか本物の女性用パンティーが付属していた。

続編に『カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜』(1987)がある。

ボリューム感があり、ゲームバランスも良く、着想もユニークな印象である。個人的にだが、現代風にいえばチャラい主人公が「イカしてる」「ギンギン」など流行語を連発し、キザなセリフで落としにかかる様は見ていて楽しい。当時の風俗の一端が窺える作品である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03