title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ごめんねエンジェル 〜横浜物語〜』 概要

gomenneeg05.png gomenneeg10.png
gomenneeg47.png gomenneeg32.png
©1992 JAST
ごめんねエンジェル 〜横浜物語〜 (JAST)

・1992年02月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版

90年代序盤の作品で、横浜を舞台にプロの捜し屋が活躍するアダルトアドベンチャー。『天使たちの午後』シリーズの8作目にあたる。

主人公「俺」はプロの捜し屋である。非常に手のはやい女たらしで、「早苗」という美術教師の婚約者がいるが、彼女に隠れて浮気な日々を送っていた。そんなある日、偶然拾った学生手帳の持ち主「秋江」の写真が美少女だったため、本人に直接届けようと思っていた所、さらに偶然で早苗から紹介され、人探しの相談を持ちかけられる。彼女の姉が三日前から行方不明だと言うが・・・。

システムはコマンド型で、シリーズ伝統の移動先に自由が無いタイプのアドベンチャーである。「聞く」「考える」などのコマンドの中で、その場を切り抜ける入力順を見つける点がゲーム要素となっていた。コマンドの順番に正誤があり、間違うと会話の流れがリセットされてしまう箇所があるため、普通の総当たりが通用せず、難易度が非常に高い。

シナリオはニ枚目風で女泣かせな主人公が、多発する失踪事件をきっかけに、ヤクザや学園も絡んだ巨大な犯罪に迫っていくシリアスな展開となっていた。失踪事件の関係者や警察官、情報提供者として多数の美女が登場し、関係を迫られたり、逆に主人公が強引に押し倒してテクニックでモノにしていく。基本的に一本道だが、伝統の陵辱BAD ENDが3つある他、メインヒロインとサブヒロインに1つずつHAPPY ENDが存在し、ラスト付近で分岐する。

アダルト描写は伝統の無修正がなくなり、男性器はマイクや棒アイスに置き換えられ、女性器はデフォルメキャラが覆い隠すというシュールな演出となった。

元々『天使たちの午後』シリーズの8作目、『天使たちの午後 Special』として開発されていた物だが、前年の『沙織事件』の影響で改題された。シリーズは『天使たちの午後 SpecialⅡ』(1993年)が続き、『Ⅰ』は欠番となった。

個人的な印象としては、コマンドに正解順序があるのが何とも厄介で、例えば何気ない会話シーンやHシーンでもすぐに手詰まりになり、十回も二十回も同じメッセージを見ることになる。ストーリーはそれなりにヤマ場に向かって盛り上がり、アダルトシーンも丁寧で数も標準的だが、難易度の凶悪さでテンポが極端に悪くなってしまった印象である。

調査担当

『コスモスクラブ』 概要

コスモスクラブ サンプル コスモスクラブ サンプル
コスモスクラブ サンプル コスモスクラブ サンプル
©1988 JAST
コスモスクラブ (JAST)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、男女共用の学生寮を舞台にしたアドベンチャー。

両親の仕事の都合で転校してきた男子学生の主人公は、同じクラスのミステリアスな女の子「麻奈」に一目惚れする。幸運にも、主人公が入居した学生寮「コスモスクラブ」には麻奈も暮らしていた。主人公は彼女に近づくきっかけを掴むため、寮内の各部屋を探索していく。

システムはコマンド選択型で、移動にある程度の自由があるタイプのアドベンチャーである。

展開は『天使たちの午後』シリーズと似ていて、最終目標は本命の麻奈だが、先生や他の女の子も犯して情報を入手する必要があり、あちこちでつまみ食いしながら進行する放蕩ストーリーである。何箇所か分岐があり、コマンドを間違うと他の女の子と結ばれるバッドエンドや、麻奈との別れを迎えてしまう場合があった。

Hシーンは「キスする・なめる」「愛撫する」という2種類のコマンドを備えていたが、応答パターンが貧弱でCG枚数も少なく、アダルト要素は控えめである。ただし局部は無修正となっていた。

いかにもJAST作品といった印象で、従来の作風と比べて取り立てて目立つ部分は無いが、登場人物が揃って食卓を囲むという生活感のある描写は当時珍しかったかもしれない。

調査担当

『DERRINGER』 概要

DERRINGER サンプル DERRINGER サンプル
DERRINGER サンプル DERRINGER サンプル
©1988 Clest
DERRINGER (クレスト)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、人気美少女モデルの危機をテーマにしたアドベンチャー。JASTが新設したブランド『Clest』のデビュー作となった。

売れない探偵の主人公の元に届いた差出人不明の手紙。それは13才の人気モデル「中藤美希(なかふじみき)」が拘束されており、内密に調査して解決して欲しいという依頼状だった。にわかに信じがたい内容だったが、同封されていたスナップ写真が気になった主人公は、カメラ助手として美希のコマーシャル撮影の現場に潜り込み、隙を見て美希に接触を試みる。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由はなく、シーンごとに決められたフラグを満たすことで次の場面に移る一本道の展開である。ミステリー要素は希薄で、コマンドを丹念に総当りすることにより、クライマックスで必要になるアイテムが回収できるかが攻略要素となっていた。

シナリオは終始シリアスな雰囲気で、撮影スタッフに探りを入れつつ、美希と美人マネージャーに接近していく流れとなっている。ボリュームは少なくヒロインも2人だけだが、一周目の「HARD BOILED MODE」をクリア後には「SPECIAL MODE」と呼ばれる二周目が用意されていて、セックスシーンのCGと演出が異なる他、SM風の縛りプレイが楽しめる趣向になっていた。

局部は『天使たちの午後』シリーズと同じで、扱いは小さいが無修正である。(当時はPCゲームの取り締まり事例がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

続編に『夜の天使たち ~私鉄沿線殺人事件~』があり、さらなる続編の『メイキング・オブ・Miki』も発表されていたが、こちらは未発売のまま立ち消えになったようだ。

主人公がハードボイルドな性格設定になっているのが特徴的で、考えをまとめる度にタバコを吸う必要があり、気に入らないコマンドには唇の端だけで笑って応え、死亡時やクリア時に意味ありげでキザなセリフを残すのだが、世界観に馴染まず何ともユーモラスである。メインヒロインは影が薄く、薄幸で献身的なマネージャーの方が印象に残った。

調査担当

『くりいむレモン ~STAR TRAP~』 概要

くりいむレモン ~STAR TRAP~ サンプル くりいむレモン ~STAR TRAP~ サンプル
くりいむレモン ~STAR TRAP~ サンプル くりいむレモン ~STAR TRAP~ サンプル
©1987 JAST
くりいむレモン ~STAR TRAP~ (JAST)

・1986年12月**日 FM-7用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1987年07月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 MSX用 カートリッジROM版

80年代中頃の作品で、アダルトOVAシリーズ『くりいむレモン』の第10作をゲーム化したSF風のアドベンチャー。

地球連邦艦隊所属の『ラン』と『カナタ』は、ESP能力をもつ息のあった女の子コンビ。ある日、女の子ばかりをさらいながら地球に接近する、謎の植物惑星への出撃を命じられた二人は、任務を面倒に感じて脱走をはかるが・・・?

操作は同社の『天使たちの午後』と似ている。頻度の高いコマンドは画面右側で選択できるが、「らん つくる りょうり」のように一覧にない単語を交えて文章を組み立てないといけないので、選択コマンドはショートカットのようなもので、実質はコマンド入力式である。

シナリオはほぼアニメ版のままで、いい加減な二人組のエスパーがドタバタを繰り広げる、コミカルな冒険ストーリーとなっている。一本道の展開だが多少遊びがあり、わき道としておまけのレズプレイが何箇所か用意されていた。

当時のJAST作品には珍しく、陰部にはモザイク風の修正が入っているが、秘密のコマンドで除去できる隠し要素が仕込まれていた。(当時はソフ倫などの審査団体がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

CGの枚数は多いもののテキストが貧弱で、展開がかなり粗っぽい印象である。アニメを先に見ておかないと流れがよく掴めないかもしれない。OVA『くりいむレモン』シリーズは当時大ヒットしていた一話完結型の作品群で、この後にも『黒猫館』など数作品がゲーム化された他、本作もPC-98時代に『スタートラップ』(1996/スターダスト)として、アニメ制作会社が自ら完全リメイク作品を手がけている。

調査担当

『エリカ』 概要

erika01erika04
erika22erika27
©1986 JAST
エリカ (JAST)

・1986年07月**日 FM-7用 テープ版 3.5インチFD 5インチFD
・1986年07月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 X1用 FD版 カセット版
・****年**月**日 MSX用 カートリッジROM版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版

80年代中頃の作品で、宇宙を舞台にしたSFアドベンチャー。

1999年、主人公は不時着した戦闘機のコクピットの中で目を覚ますが、自分が誰かも思い出せない。しかし周囲を探索し、同じく不時着した敵の女パイロットを犯すうちに、少しずつ記憶が蘇ってくる。彼は地球征服を企む組織、ブラックシャドウと戦う情報部員だったのだ。敵の宇宙船で潜入調査をしている相棒のエージェント「エリカ」に接触するため、主人公は早速行動を開始する。

システムは日本語によるコマンド入力式で、「おとこ なぐる」「おんな おかす」といった具合に、ローマ字入力で一文字ずつ打ち込み、場面転換のフラグを探っていく流れである。テキストは漢字、ひら仮名混じりになっているため、とても読みやすい。移動先にあまり自由はなく、所々で方角を指定しての移動はあるが、座標の概念はないためマッピングは不要である。

シナリオは情報部員の主人公が、銃で敵を倒したり、物々交換をしながら敵のアジトの奥深くを目指していく、SFアクション映画風の展開である。コマンドを間違うと即バッドエンドになる事が多く、難易度は高めである。

天使たちの午後』(1985年)と操作やゲーム性は共通していて、ストーリーの唐突さ、行き当たりばったりな展開もよく似ている。シナリオは極めて短いが、背景やメカ類のビジュアルのクオリティ、人体描写の確かさが印象的である。高額のプレミアソフトになっているのは稀少性に加え、初代『天使たちの午後』と女の子のタッチが同じためだろうか。

調査担当

『天使たちの微笑み』 概要

天使たちの微笑み サンプル 天使たちの微笑み サンプル
天使たちの微笑み サンプル 天使たちの微笑み サンプル
©1996 JAST
天使たちの微笑み (JAST)

・1996年11月22日 PC-9801用 3.5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版

JASTの代表作『天使たちの午後』シリーズの流れを汲むタイトルの作品で、受験を控えた女の子達の家庭教師をテーマにしたクイズ+育成シミュレーション。

大学を留年してしまった主人公は、生活のため新しく家庭教師のアルバイトを始めることになった。受け持つことになった生徒は問題児ばかりの4人の女の子。果たして主人公は受験までに彼女たちの信頼を勝ち取り、学力を上げて合格へと導くことが出来るだろうか・・・?

基本は育成シミュレーション形式で、10月の第一週から入試までの期間に4人の生徒達のパラメータを上げ、合格させることがゲーム目標である。それと同時にデートを重ねればヒロイン一人を攻略する事ができ、見事受験に成功すればHシーンが観賞できる恋愛シミュレーションも兼ねていた。

スケジュールは自動的に決まるので、SLGとしてのゲーム性は低い。特徴的なのは4択クイズでパラメータを上げ、他のコマンドでストレスを減らすなどの微調整をしていく点である。問題傾向はアニメや芸能、文学、車、歴史、英語など幅広いジャンルに及んでおり、難易度は高めである。

個人的な印象としては、流行していた美少女育成SLGの人気を追った形で、『天使たちの午後』シリーズとの関連性は薄い。ビジュアルのレベルは高めで、従来のJAST作品と比べてシステムもそれなりに凝っていたが、新シリーズとして定着するほどの人気を得る事はできなかったようだ。

Windows95版ではゲーム進行に致命的なバグを抱えており、修正パッチも完全ではなく、当時のパソコン通信で話題になっていたようだ。

調査担当

『天使たちの午後 ~転校生~ 』 概要

天使たちの午後 ~転校生~ サンプル 天使たちの午後 ~転校生~ サンプル
天使たちの午後 ~転校生~ サンプル 天使たちの午後 ~転校生~ サンプル
©1995 JAST
天使たちの午後 ~転校生~ (JAST)

・1995年06月16日 PC-9801用 3.5インチFD版

90年代中頃の作品で、学園を舞台に様々なタイプの女の子を口説き落としていくアドベンチャー。『天使たちの午後』シリーズ通算12作目にあたる。

主人公「隼人」はスケベでお調子者な男子高校生。ある日、男に絡まれている所を助けた事から清楚な転校生「志帆」と知り合いになり、会話を交わすようになっていく。しかし、その笑顔にはどこか寂しそうな影があった。同時に幼馴染の「素香」も明るく振舞っているが、何か言えない悩みを抱えている様子。隼人は友人達と協力して、素香の悩みの原因を探っていく。

システムはコマンド式、移動先に自由のない一本道というシリーズ伝統的な作りである。ただし今回は冒頭で占い師による質問があり、その選択肢によって寄り道的に登場する女の子やHシーンの演出が多少変化する仕様になっていた。陵辱系のバッドエンドは少なめである。

シナリオはトボけた性格の主人公が恋人、幼馴染、旧友、先生、イメクラ嬢など様々な女の子と会い、二人きりになったのを見計らってセックスに持ち込んでいく流れで、雰囲気はギャグ傾向が強いが、これまでのシリーズでは適当だったヒロイン側の恋愛感情などのドラマ要素が描かれている。

漫画家の花屋敷ぼたん氏が原画を担当し、Hシーンはテキストで詳細に描写されることで濃厚なものとなった。クリア後にはCGアーカイブやミュージックモード、原画モード、スタッフからのメッセージなどを収録した「お楽しみディスク」の通信販売がアナウンスされている。

後に『もんもん学園 ten.ko.sei』(1998)としてリメイクされた他、シリーズ最終作となる『天使たちの午後 SEASON 2001』が続いている。また、流れを汲んだタイトルの作品として育成SLG『天使たちの微笑み』がある。

システムや粗っぽいシナリオは『天使たちの午後』そのものだが、サブタイトルや画面端の装飾、登場人物達のキャラ設定、掛け合い、立ち絵の使用などはエルフの大ヒット作『同級生』シリーズの影響が感じられる。

調査担当

『天使たちの午後VI 〜My Fair Teacher〜』 概要

天使たちの午後6 〜My Fair Teacher〜 サンプル 天使たちの午後6 〜My Fair Teacher〜 サンプル
天使たちの午後6 〜My Fair Teacher〜 サンプル 天使たちの午後6 〜My Fair Teacher〜 サンプル
©1993 JAST
天使たちの午後6 〜My Fair Teacher〜 (JAST)

・1993年05月14日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版?

90年代序盤の作品で、女子校の男性教師を主人公にしたアドベンチャー。『天使たちの午後』シリーズ通算11作目にあたる。

教え子を妊娠させてしまい失業していた主人公は、幸運にも女子校の国語教師として雇われることになった。念願の教職復帰にはりきる主人公だが、生徒たちの悩みを聞いている内に、怪しい三人組の男達に強姦され、その写真をネタに脅される事件が頻発している事実を知る。果たして学園の裏で何が起こっているのか・・・?

システムはコマンド選択式、移動先に自由が無いタイプのADVである。「LOOK」「SPEAK」「ACTION」の中からフラグとなるコマンドを総当りしていく。シナリオは一本道だが、シリーズ伝統となるバッドエンド確定のHシーンが多数収録されており、本作品からバッドエンド後に「続ける」を選ぶとフラグの前に戻れるため、本筋を進めながら気軽に生徒への陵辱シーンに寄り道できるよう配慮された作りとなっている。

シナリオは新任教師の主人公が生徒や職員の悩みを解決していく内、事件に巻き込まれていくありふれたストーリーだが、主人公の二面性が特徴的で、本筋の中では教師として比較的常識人な主人公が、「犯す」を選んだ途端に豹変し、生徒を脅して罵りつつ犯す鬼畜人格となり、そのまま捕まってバッドエンドになるのがパターン化している。

つまり、一本のシナリオの中でモテモテ路線と、暗く陰湿な陵辱モノが両方楽しめるよう配慮された作りで、シリーズ中『SEASON 2001』に次いで鬼畜比率が高い作風となった。当時の陵辱モノの流行ぶりが感じられる作品である。

続編は『天使たちの午後 ~転校生~ 』。

調査担当

『天使たちの午後V ~狙われた天使~』 概要

天使たちの午後5 サンプル 天使たちの午後5 サンプル
天使たちの午後5 サンプル 天使たちの午後5 サンプル
©1992 JAST
天使たちの午後Ⅴ ~狙われた天使~ (JAST)

・1992年12月**日 PC-9801用 5インチFD版

90年代序盤の作品で、殺人事件の裏に隠された謎に迫っていくサスペンス系のアドベンチャー。『天使たちの午後』シリーズ通算9作目である。

人気歌手の「美衣」を恋人に持つ舞台監督の主人公は、スタジオ内で起こった殺人事件でライブを台無しにされてしまう。警察の執拗な事情聴取に腹を立てた彼は、自ら解決を図るべく情報の聞き込みを始め、女の子達を口説き落としながら、事件に繋がる手がかりを集めていく。

システムはコマンド選択式で、移動先にあまり自由がないタイプのADVである。シナリオは一本道だが、途中にある重要な情報やアイテムを入手していないとバッドエンドルートに入ってしまう仕組みで、フラグとなるポイントを探っていく流れとなっている。シナリオは探偵物風だが、何となく会話を進めている内に次々と事態が進展するのでミステリー要素は薄く、Hシーンの数に比重が置かれている。

同年の『天使たちの午後 Special』は沙織事件の影響で『ごめんねエンジェル ~横浜物語~』に改題されたため、事件後初のJAST看板タイトルとなった。

個人的な印象としては、急展開で粗っぽい部分が目立ち、シナリオのクオリティは低い。ビジュアル面でも精彩を欠き、印象の薄い作品である。

調査担当

『天使たちの午後III ~リボン~』 概要

天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル 天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル
天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル 天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル
©1989 JAST
天使たちの午後3 ~リボン~ (JAST)

・1989年11月**日 PC-8801用 5インチFD?
・1989年11月**日 PC-9801用 5インチFD版/3.5インチFD版
・19**年**月**日 PC-8801用 5インチFD? 廉価版(SELON販売)
・19**年**月**日 PC-9801用 5インチFD/3.5インチFD 廉価版(SELON販売)
・19**年**月**日 X68000用 5インチFD 廉価版(SELON販売)
・19**年**月**日 MSX2用 5インチFD/3.5インチFD 廉価版(SELON販売)
・1995年02月22日 PC-9801用 3.5インチFD『天使たちの午後 Collection』にリメイク版収録
・19**年**月**日 FM-TOWNS用 3.5インチFD 『天使たちの午後 Collection』にリメイク版収録

90年代末期の作品で、男性教師が憧れの女子生徒とのゴールインを目指す学園アドベンチャー。『天使たちの午後』シリーズの5作目。

主人公「先生」は女生徒に人気の男性教師。お気に入りの生徒「遙」に密かに思いを寄せているが、彼女に接近するためのきっかけを掴めずにいた。プレイヤーは彼を操作して授業中の校内を物色し、先生達の秘密を暴きつつ、遙の悩みに迫っていく。

システムは前作と同じコマンド選択式で、移動先にあまり自由がないタイプのADVである。

前半のシナリオは「遥」とはあまり関係がなく、主人公が校長室にある盗撮用モニターで遊んだり、教頭の弱みを握って脅したり、同僚の机の中を勝手に物色する内、たまたま遙の情報にたどり着くという、わらしべ長者のような展開の一本道となっていた。

一方、後半は恋愛ドラマ風の展開で、一緒に下校中の遙と結ばれる為にコマンドを絞っていく流れとなっており、複数の分岐を備えていた。遙とのハッピーエンドは一つだけで、他は大部分がHシーン付きのバッドエンドだが、中には同僚の藍沢先生とめでたく結ばれるハッピーエンドも用意されていた。

分岐はあくまで正ヒロインの遙に対するオマケシナリオだが、藍沢先生にも個別ルートにあたる部分がセックスシーン付きで用意されており、祝福を受ける姿から、複数ヒロインによるマルチシナリオ・マルチエンディングとしては最古といえるかもしれない。ただし、これ以降この形式が一般的になる訳ではなく、影響力はさほどなかったと思われる。

なお、マルチシナリオを備えたADVとしては、これ以前にも『シンデレラペルデュー』『ふぇありぃてぃる』『学園物語』等が存在する。シリーズは『天使たちの午後Ⅲ 番外編』(1990)、『天使たちの午後IV ~ゆう子~』(1991)が続いた。

個人的な印象としては、主人公が校内を徘徊する理由が不明で、「僕はどうしてしまったんだろう」と呟きながら他人のプライバシーを侵害していく姿がなんとも滑稽である。当時のアドベンチャーでは手の込んだ仕掛けを解いていく探索要素に比重があり、主人公の内面が考慮されなかったため、不審者的な行動が珍しくなかったようだ。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03