title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ラブ・エスカレーター』 概要

loveescalator00loveescalator08
loveescalator13loveescalator04
loveescalator03loveescalator11
©1998 海月製作所

ラブ・エスカレーター
 (海月製作所)

・1998年04月17日 PC-9821用 3.5インチFD版 CD-ROM版


90年代後半の作品で、恋愛のステップアップを描いたアダルトADV。PC-9800シリーズ専用のゲームとしては最末期の作品で、そのクオリティとボリュームから「PC98最後のエロゲー」「PC98最後の大作」と呼ばれた。

(あらすじ) 主人公「たかし(名前変更可)」は平凡な学生である。親友の「脇谷」から恋の橋渡しを頼まれたたかしは、中学時代の知り合い「理恵」に声をかけることになった。ところが、理恵はたかしへの思いを抱いたままで、たかしは理恵が好きだったことを自覚してしまう。秘めていた恋心に火がついた二人は、脇谷には言い出せないまま逢瀬を重ね、関係は次第にエスカレートしていく。

ゲームシステムは基本的に、週末ごとにデートの相手と場所を選んでいくスケジュール管理型ADVである。期間はおよそ一年間で、メインヒロイン「理恵」の好感度を上げ、ハッピーエンドを迎えることが主なゲーム目的となる。サブヒロインとして年下、年上の女性も登場し、マルチエンドとなっていた。

一方、理恵とのセックスシーンはコマンド型の調教シュミレーションとなっている。デートの行き先としてラブホテル等を選んだ場合に発生し、「胸を愛撫する」「フェラチオさせる」「正常位」といったコマンドの中から任意のプレイを組み合わせ、理恵の限界を超えないようにフィニッシュしていく。回数を重ねることで理恵が大胆になったり、プレイのバリエーションが増えたり、耐久力が上がって多くのコマンドに耐えられるようになっていく。

アダルトシーンのほぼ全てが、ダイナミックで滑らかな動きのアニメーションになっている点も特徴である。カット数が60以上に及ぶ点からも、一流のアニメーションアダルトゲームに匹敵するといえるだろう。

ストーリーは主人公達が様々な障害にぶつかりつつ、一つ一つ乗り越えて交際を続けていく、ドラマチックでシリアスな青春物語である。脇役達の恋愛や失恋にも触れている辺り、青春群像劇の要素も備えているといっていいだろう。週末デートの過ごし方により、5種類のエンディングを迎える。

関連商品は原画集、サントラ、小説版など。後に『LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(2003年)としてリメイクされた。

当時、PCゲームのハードの主流はWindows95に移っており、PC98シリーズのみで発売される新作は稀有になっていた。「PC98最後の大作」というあだ名は、そんな状況で生まれたヒット作だったことに由来する。ただし、意図してPC98を選んだ訳ではなく、発売延期を繰り返した末の、やむを得ない事情があったようだ。

個人的な印象としては、ストーリー重視の作風でありながら、アダルト面でも最上級のクオリティとボリュームを求めた欲張りな大作である。良く言えば贅沢、悪く言うと凝り過ぎか。PC98全盛期に乗り遅れたものの、その熱量で何とか輝きを放った作品だった。


調査担当

『DE・JA2』 概要

deja2_018.png deja2_037.png
deja2_021.png deja2_082.png
©1992 ELF
DE・JA2 (エルフ)

・1992年06月25日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD 全年齢版
・2004年05月28日 Window用 CD-ROM 『DE・JA マルチパック』にてリメイク
・2017年06月20日 ダウンロード販売開始 【DMM
・2017年06月20日 ダウンロード版『DE・JA マルチパック』に収録 【DMM

90年代序盤の作品で、考古学者の主人公が古代遺跡にまつわるミステリーを追っていくアダルトアドベンチャー。『DE・JA』(1990)の続編。

前作での事件がセンセーションを巻き起こし、時の人となった考古学者「はつしば りゅうすけ(名前変更可)」は、テレビ出演に論文の執筆に忙しい日々を送っていた。そんなある日、彼の元に20年前に失踪した老学者「神宮寺博士」が現れ、水晶のドクロにまつわる研究を託そうとするが、伝えきれないまま突然死してしまう。人類の未来に関わる、という言葉に興味を引かれたりゅうすけは、博士の娘「ひみこ」と協力して、古代の遺跡に秘められた謎に迫っていく。

システムは当時一般的だったコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索ADVである。日本考古学学会、美術館、占い師の店などを巡回し、情報を集め、自宅となる研究室で考えたり、相棒のがちゃ子と相談することで進展していく一本道の展開である。

ELLE』(1991)に似た、マウスを活用したアイコンクリックも一部に使われているのが特徴で、背景の怪しい部分の調査に活躍する他、セックスシーンでは「キスする」「なめる」といったアイコンを選んで好きな部位を攻められる仕様になっており、臨場感を高めている。

シナリオの核心は、プレイヤー自身の謎解きを含む本格的なミステリーである。殺人事件やグロテスクな描写もまじえたサスペンス要素があるものの、当時のエルフ特有のとぼけた性格の主人公や、シュールな登場人物達の掛け合いで暗さはなく、雰囲気はおおむね明るいギャグ作品である。

アダルトシーンは未遂やラッキースケベ、セクハラなどの軽いものを含めると10箇所以上あるが、全体の中で比重はさほどなく、エロさも控えめである。女性器は無毛、モザイクなしで、伝統の縦筋一本も無くなり、細かい描写のない肌色の谷間となった。

個人的な印象として、コマンドに対するレスポンスの作りこみが凄く、本題と全く関係ない部分に仕込まれたシュールな仕掛け、コメントの数々に感心させられてしまう。アダルト要素がやや寂しいものの、長大なボリューム、ミステリー作品としての完成度、ギャグがバランスよく融合した見事な作品である。

調査担当

『LIPSTICK. ADV』 概要

LIPSTICK. ADV サンプル LIPSTICK. ADV サンプル
LIPSTICK. ADV サンプル LIPSTICK. ADV サンプル
©1988 F&C
LIPSTICK. ADV (フェアリーテール)

・1988年11月15日 PC-8801用 FD版
・1988年11月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+/TurboR用 FD版

80年代後半の探偵物アドベンチャー。アダルトCG集『リップスティック』シリーズをADV化した物で、女の子のテーマが共通しており、CGの一部が流用されている。ボリューム感やシナリオの完成度から人気が高く、フェアリーテールの出世作となった。

主人公の「五郎」は、やや軽薄な性格ながら有能な私立探偵である。謎の大富豪「嵐山」から盗まれた家宝の捜索を依頼された五郎は、短期間のうちに解決して高額の報酬を得た。ところが、不審な電話で呼び出された隙に事務所は荒らされ、留守番をしていた近所の女子高生「音美」が誘拐されてしまう。嵐山の態度に不可解な物を感じた五郎は、音美を取り戻すべく、周辺人物に聞き込みを開始する。

システムはコマンド選択型で、移動先に自由があるタイプのADVである。事務所やホテル、病院、豪邸、学校、公園などを巡り、関係者に「話す」「聞く」「見せる」等のコマンドを試していく流れとなっている。行き先やコマンドが多く、ボリュームがある分だけ攻略は難しく、クリアにかかる手数の多さが特徴的である。

シナリオは本格的なミステリーだが、読者をからかうような主人公の言動や奇妙なコマンド、登場人物のシュールな一言が面白く、全体の印象は明るいギャグ作品である。当時としてはかなりの長編で、最後まで予断を許さないシナリオの完成度の高さも人気の一因となっている。

アダルトシーンは後半のクライマックス付近集中していて、CG集『リップスティック』のテーマに沿ってロリータ、女子学生、OL、看護婦、スチュワーデスなどが登場する。CGの流用はごく一部で、ほとんどが新たに描き起こされたものだった。

続編に『LIPSTICK. ADV2』、『リップスティックアドベンチャー3』、『Lipstick Adv.EX』、『Lipstick ADV.4』などがあり、EX以外は主人公五郎とヒロイン音美のコンビが続いてる。

個人的な印象としては、進展させる為のフラグが分かり辛く、同じ箇所を何度も巡ってコマンドを総当りする事になるので、労力の多い厄介なゲームである。しかし物語は面白く、後半になるにつれてエロの期待が高まるので退屈は感じなかった。同社の『殺しのドレス』(1987)と並んで、80年代後半を代表するアダルトミステリー作品といえるだろう。企画・シナリオには、後に『同級生』シリーズで一躍有名になった蛭田昌人氏の名前がクレジットされている。

調査担当

『お嬢様くらぶ』 概要

お嬢様くらぶ サンプル お嬢様くらぶ サンプル
お嬢様くらぶ サンプル お嬢様くらぶ サンプル
©1987 TECHNOPOLIS SOFT
お嬢様くらぶ (DTB software/テクノポリスソフト)

・****年**月**日 PC-8801用 FD 同人版
・1987年07月25日 PC-8801用 FD版
・1988年**月**日 MSX2用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X1/turbo用 FD版

80年代後半の作品で、"大富豪"風の脱衣カードゲーム。

ルールはトランプの大富豪(大貧民)にそっくりで、強さに応じて0~11の番号が設定された9枚の手札を、場に出ているものより強いカードを出す事で消化していき、すべて使い切れば勝ち抜けである。

プレイヤーを含めた5人の参加者は、勝ち抜けた順によって次回の階級が決まる。プレイヤーが現在の階級より上の順位であがれば、画面左の女の子が一枚ずつ薄着になっていき、最終的には全裸になる仕様である。階級が上がるほど手札は有利になるが、ランクダウンする毎にライフが減っていくので、常に高順位を維持しなければならず、次第に勝利条件は厳しくなっていく仕組みとなっていた。

世界観が変わっていて、プレイヤーは「お嬢様くらぶ」という店舗(キャバクラ?)の代表であり、手札は強いカードほど可愛い女の子である。ゲームで他店と可愛い女の子の奪い合いをしていき、勝てば「STAGE QUEEN」と呼ばれる女の子(画面左)がサービス(脱衣)してくれるという、よく分からない設定である。「STAGE QUEEN」は制服姿やテニスウェアの女の子など、様々なタイプの6人となっていた。

運の要素もあって難易度は高めだが、ビジュアルのクオリティは高く、気楽に遊べる手軽なゲーム性が魅力である。当時のテクノポリスソフト(徳間書店)は同人作品の商業化に関わる事が多かったようで、『まじゃべんちゃー・ねぎ麻雀』と同じく、本作も同人版と商業版の二種類が存在する。

調査担当

『殺しのドレス』 概要

殺しのドレス サンプル 殺しのドレス サンプル
殺しのドレス サンプル 殺しのドレス サンプル
©1987 F&C
殺しのドレス (フェアリーテール)

・1987年10月**日 PC-8801用 FD版
・1987年10月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、殺人事件の謎を追うミステリーアドベンチャー。

夏のある日、深夜の公園で全裸の女性の遺体が発見された。被害者「かおり」は結婚を間近に控えており、婚約指輪は何故か小指ごと切り取られるという無残な姿となっていた。かおりの友人である主人公「あきら」は、周囲から事情を聞く内に不自然な証言があるのに気付き、次第に事件の謎に迫っていく。

コマンド選択式のアドベンチャーで、「話す さとる」「移動する 公園」といった風にコマンドの組み合わせで進行していく。ストーリーは一本道だが、移動先に自由があり、友人宅など10箇所以上を巡りながら関係者に聞き込みを繰り返し、フラグとなる情報を引き出していく流れとなっていた。

ストーリーは身近な人間関係の中、奇妙な噂や行動の謎を一つ一つ解明していくシリアスなサスペンスドラマである。プレイヤー自身が謎解きに関わる部分は少ないが、展開に沿って犯人を推理していく楽しみがあった。

アダルト要素として恋人とのセックスシーンがあり、隠し要素で若干のお色気はあるものの、主題はあくまで殺人事件であって、エロ自体が目的のアダルトADVとは一線を画したストーリー性重視の作風である。

続編として『殺しのドレス2』(1989)、『殺しのドレス3』(1993)が続いている。

背景に実写取り込みの画像を使い、同じ「立ち絵」を使いまわす手法はこれ以前の時代では見かけず、90年代を思わせるスタイリッシュさである。筋書きは後世から見ると素朴だが、ボリューム感があり、ビジュアルのクオリティーも高く、会話も軽妙で、本格ミステリー+アダルトの分野を切り開いた一流作品だった。

調査担当

『リップスティック#5 スチュワーデス編』 概要

リップスティック#5 スチュワーデス編 サンプル リップスティック#5 スチュワーデス編 サンプル
リップスティック#5 スチュワーデス編 サンプル リップスティック#5 スチュワーデス編 サンプル
©1987 F&C
リップスティック#5 スチュワーデス編 (フェアリーテール)

・1987年10月**日 PC-8801用 FD版
・1987年10月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

アダルトCG集シリーズ『リップステッィク』の5巻にあたる作品。

定価3,150円の低価格ソフトで、『#1 ロリータ編』『#2 女子学生編』『#3 OL編』『#4 白衣の天使編』が同時に発売されている。

チャンピオンソフトが『ZETA』と『OMEGA』、『LEMONADE』のように販売ターゲット毎にシリーズを分けたのに対して、同一シリーズで極端な等身の少女から大人っぽい女性までを扱う珍しい企画となっており、本作品ではスチュワーデス(旅客機の女性客室乗務員)をテーマにやや濃い目の描写となっている。

ゲーム性はなく、機内を舞台にパンチラや自慰、交接などを観賞していくシンプルな作りである。CGは9枚で、指先や舌先が部分的にアニメーションする表現が多用されていた。

翌年発売された『LIPSTICK.ADV』は形式の全く違うアドベンチャーゲームだが、一部に『リップスティック』に収録されたCGが流用されており、各タイプの女性像を取り揃えた完成形といえるかもしれない。

調査担当

『リップスティック#4 白衣の天使編』 概要

リップスティック#4 白衣の天使編 サンプル リップスティック#4 白衣の天使編 サンプル
リップスティック#4 白衣の天使編 サンプル リップスティック#4 白衣の天使編 サンプル
©1987 F&C
リップスティック#4 白衣の天使編 (ファアリーテール)

・1987年10月**日 PC-8801用 FD版
・1987年10月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

アダルトCG集シリーズ『リップステッィク』の4巻にあたる作品。

#1 ロリータ編』『#2 女子学生編』『#3 OL編』『#5 スチュワーデス編』が同時にリリースされており、それぞれ扱う女性のタイプが異なる。翌年にこれらの素材の一部を使ったアドベンチャー『LIPSTICK.ADV』が続いた。

CGは合計9枚で、病院と女性看護師をテーマに、やや濃い目の描写となっている。舌や指先の部分アニメーションも一部使われていた。

女性看護師(当時は看護婦)は古くからアダルト作品の人気のテーマの一つだが、PCソフトに限っては、この時期まで専門的に扱った作品が『その後の慶子ちゃん 看護婦編』(1986年)ぐらいしか見当たらず、珍しいかもしれない。当時の攻略対象の定番はロリータ、セーラー服、女子大生、SF物ヒロイン、OL、アイドル歌手といった顔ぶれだった。

調査担当

『リップスティック#3 OL編』 概要

リップスティック#3 OL編 サンプル リップスティック#3 OL編 サンプル
リップスティック#3 OL編 サンプル リップスティック#3 OL編 サンプル
©1987 F&C
リップスティック#3 OL編 (フェアリーテール)

・1987年10月**日 PC-8801用 FD版
・1987年10月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

アダルトCG集シリーズ『リップステッィク』の3巻にあたる作品。

同時期に『#1 ロリータ編』『#2 女子学生編』『#4 白衣の天使編』『#5 スチュワーデス編』も発売されており、それぞれ登場する女の子のテーマが異なる。

ゲーム性はなく、合計9枚のCGを順番に観賞していくだけのシンプルな作りである。電車内でのパンチラやシャワーシーンでは、スペースキーを押すことで部分的にアニメーションする仕様となっていた。

大人の女性の色気ただよう胸チラ、パンチラなどが中心になっていて、異性との絡みは一枚きりと、エロさは控えめである。無修正にあたる画像は含まれていない。

彩色の仕上がりや背景描写は丁寧だが、シリーズを通してボリュームが極端に少ないのが残念である。

調査担当

『リップスティック#2 女子学生編』 概要

リップスティック#2 女子学生編 サンプル リップスティック#2 女子学生編 サンプル
リップスティック#2 女子学生編 サンプル リップスティック#2 女子学生編 サンプル
©1987 F&C
リップスティック#2 女子学生編 (フェアリーテール)

・1987年10月**日 PC-8801用 FD版
・1987年10月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

アダルトCG集シリーズ『リップステッィク』の2巻にあたる作品。

同時に発売された作品に『#1 ロリータ編』『#3 OL編』『#4 白衣の天使編』『#5 スチュワーデス編』がある。それぞれ登場する女の子のタイプが異なり、本作品では女子学生をテーマしている。

CGは9枚で、一部の画像で聴診器や指先が部分的にアニメーションする演出が取られていた。パンチラなどの軽いものに始まり、自慰や異性に悪戯されるシーンなど濃い目のシーンも含まれている。

シリーズ#1~#5の素材の一部を使ったアドベンチャーとして『リップスティックADV』があり、こちらもシリーズ化している。

低価格のCG集で極端にボリュームがないが、自転車や机など学生らしい小道具と、当時のアダルト作品では省くのが普通だった細かい背景描写が描かれているのが印象的である。

調査担当

『リップスティック#1 ロリータ編』 概要

リップスティック#1 ロリータ編 サンプル リップスティック#1 ロリータ編 サンプル
リップスティック#1 ロリータ編 サンプル リップスティック#1 ロリータ編 サンプル
©1987 F&C
リップスティック#1 ロリータ編 (フェアリーテール)

・1987年10月**日 PC-8801用 FD版
・1987年10月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1987年10月**日 MSX2用 FD版

アダルトCG集シリーズ『リップステッィク』の1巻にあたる作品。

シリーズ#1~#5の発売は同時期で、それぞれテーマが異なり、本作品では極端な少女表現のグラフィックのみを扱っているのが特徴である。

CGは9枚で、一部でロープが股間に食い込んだり、お風呂で自分の体をこすったりといった部分的なアニメーションを含んでいた。アダルト要素は脱衣物レベルの軽いもので、無修正にあたる画像は存在しない。

#2 女子学生編』『#3 OL編』『#4 白衣の天使編』『#5 スチュワーデス編』が同時期にリリースされた他、その一部を素材にADVに仕上げた作品として『リップスティックADV』があり、大ヒット作となった。『リップスティック』というタイトルのファミコンディスクシステム用ソフトも存在したようだが、こちらはおそらく海賊的な裏流通ソフトで、内容はご褒美CG付きのパズルゲームだったようだ。

個人的な印象として、CG集としてのボリュームは平均以下で、定価3,150円の低価格を考慮しても評価は厳しいか。同じシリーズで需要の異なる女性像を網羅している点は珍しい。女の子たちの極端に太く短い手足が印象的である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03