title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』 概要

imstd03_00imstd03_02
imstd03_04imstd03_05
©1995 Scoop
インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ (Scoop)

・1995年10月20日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、スケベな家庭教師を主人公にしたアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの三作目。

主人公「教師一筋」は凄腕ながら、授業にかこつけてイイトコのお嬢様にイタズラをするのが大好きなスケベ家庭教師。今回の依頼は、超有名ファッションデザイナーの一人娘「まなみ」を教育してほしいというもの。内気で人見知りなまなみの身体を開かせるため、いつも通り怪しげな学習法でHに持ち込むが…?

ゲームシステムは前2作と似ているが、1作目の頃よりコマンド型に近くなっている印象である。「見る」「話す」「愛撫する」といった2~3択のコマンドが現れ、それらを総当りしている内に進展していく。分岐やゲームオーバーのない一本道で、ゲーム性はほぼない。

シナリオは、人見知りで幼い印象のお嬢様に嗜虐心をくすぐられた主人公が、授業にかこつけてHなことを教え込もうとしたところ、既に何者かによって調教されている形跡があり、予想外の展開に巻き込まれていく、といったアダルト重視でコミカルな展開である。

アニメーションシーンがシリーズを通しての目玉になっていて、普段は静止画で進行するが、フェラチオ、ピストン運動などの一部のシーンで、複雑な動きをする動きの大きなアニメーションを含んでいた。また、鞭、緊縛、三角木馬、ロウソクによるSMプレイの描写が多いのも特徴的である。

同シリーズとして『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』が、同年に二ヵ月おきにリリースされている。

 
調査担当

『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』 概要

imstd2_00imstd2_01
imstd2_03imstd2_07
©1995 Scoop
インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳 (Scoop)

・1995年09月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、家庭教師の主人公が教え子を騙してHなイタズラをしていくアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの2作目。

主人公「教師一筋」は凄腕の家庭教師ながら、立場を利用してお嬢様を落とすのが好きなスケベ教育者である。今回のターゲットは町工場の娘で、男勝りな性格の美少女「飯嶋由佳」。彼女の態度が粗暴になり、成績が落ちた原因を探ってほしいという依頼を受けた主人公は、ついでに彼女の身体も美味しく頂いてしまうべく、由佳の心に付け入る隙をうかがっていく。

ゲームシステムは選択肢型だが、どれを選んでも分岐しない一本道で、総当りで進めていくコマンド型ADVのような操作である。一箇所ゲームオーバーはあるが、ゲーム性は低い。

シナリオは調子のいい性格の主人公が、反抗的な態度を取る少女の弱みを握り、言葉巧みに騙し、Hな授業に持ち込んでいくアダルト重視な展開である。少女が抵抗したり、工場の従業員が妨害に入ることもあるが、その場の機転と理屈責めで丸め込んでいくコミカルな作風となっていた。

アニメーションシーンが最大のウリとなっていて、普段は静止画を中心に話が進むが、キスシーンやフェラシーンなど、数箇所に動きの大きなアニメーションが施されている。また、一部にバイクのピストンや電動ドリルなどの工具を使った特殊なプレイを含んでいた。

同シリーズとして、『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』、『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』が二ヵ月おきにリリースされている。

アニメーションアダルトゲームというジャンルの常で、シナリオは短く、ゲーム性はほとんどない。個人的な印象として、ビジュアルは比較的良好、アニメーションも前作よりスッキリとした線で洗練された印象だが、相変わらず読み込みに時間がかかるのが難点か。


調査担当

『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』 概要

imsd1_00imsd1_01
imsd1_02imsd1_04
©1995 ScooP
インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子 (ScooP)

・1995年08月25日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年09月20日 Windows用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、家庭教師となって箱入りのお嬢様にイタズラを仕掛けていくアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの1作目。

主人公「教師一筋」は日本で五本の指に入るといわれる凄腕の家庭教師。大金持ちから引く手あまたの彼は、温室育ちのお嬢様たちを言いくるめ、体を開かせるスリリングな遊びを楽しんでいた。今回の依頼は、家電メーカーの重役の令嬢「白川玲子」の数学嫌いを治して欲しいというもの。主人公は玲子に会って早々、その体をモノにするため、数学にかこつけて様々なイタズラを仕掛けていく。

ゲームシステムは選択肢型のADVだが、どの選択肢を選んでも展開は変わらず、ゲームオーバーもなく、おそらく選択肢はフェイクである。セックスシーンでは「指でかき回す」「引っ張る」といったコマンドが出て、総当りすることで進展していくコマンドADVのような操作となっている。

登場人物は主人公と屋敷に仕える家政婦、お嬢様の3人だけである。シナリオはモラルの低い主人公が、詭弁と屁理屈で世間知らずのお嬢様を強引に説き伏せ、家政婦にバレそうになるピンチを乗り越えながら、衣服を一枚一枚脱がせ、本番行為を目指していくコミカルな展開である。

本作品の最大の目玉となっているのがアニメーションで、通常は静止画中心に話が進むが、胸を揉みしだくシーン、フェラチオ、ピストン運動の3箇所に、大きく複雑な動きのアニメーションが施されていた。

続編として、同年に『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』、『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』が続いている。

個人的な印象としては、当時流行のアニメーションアダルトゲームの一つで、シナリオ性もゲーム性も極端に低いものの、動きのインパクトが大きい。アニメ塗りにしては丁寧で繊細なタッチで、そのまま複雑に動かすという凝った試みに挑戦している。途中読み込みにかなり時間がかかり、テンポが悪いのが難点か。


調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03