title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『夢幻泡影』 概要

mgnhe00mgnhe06
mgnhe01mgnhe03
©1995 ALICESOFT
夢幻泡影 (アリスソフト)

・1995年07月07日 Windows3.1/PC-9801/FM-TOWNS兼用 CD-ROM版
・1995年07月07日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1998年11月26日 Windows95/98/NT用 CD-ROM版
・2003年04月11日 配布フリー化宣言

90年代中頃の作品で、厭世的な人物の残り僅かな日々を描くアダルトアドベンチャー。アリスソフトの25作目である。

主人公「久遠(名前変更可)」は、両親の事故死で妹の「世羅」と共に孤児となるが、奇怪な人物「和歌子」に引き取られ、経済学を徹底的に叩き込まれて成人し、若干27歳で日本を支配出来る程の富と権力を持つまでになっていた。そんなある日、久遠は原因不明の病で倒れ、余命幾ばくもないことを知らされる。以前から虚無主義に囚われていた久遠は、高層ビルの最上階を大正時代風のレトロな豪邸に改造し、そこで退廃的な生活を送りながら死を待つことを決意する。果たして彼は、どんな最期を迎えるのだろうか…?

システムは選択肢分岐型のADVだが、自由度とランダム要素があり、かなり風変わりである。主人公が寝起きする自室を基点として、毎朝その日の仕事と、邸内でどう過ごすかを選択していく。仕事は「軍事関係」「服飾関係」といった7種類の事業で、特定の業種を選び続けることでイベントが進行し、シュールなエンディングを迎えることがあった。

また、仕事後の「寝る」「世羅の部屋に移動」「客間に移動」といった選択肢で様々な人物と遭遇し、展開によってはセックスや陵辱プレイに発展していく。この部分にランダム要素や周回要素があり、偶然や周回数によって選択肢が現れたり、前回のプレイ内容により選択肢が出なかったりする変わった仕様となっていた。

ゲームの残り日数は決まっておらず、特定のイベントを進めた時点で終了となる。こなしたイベントや選択肢により、41種類ものエンディングを迎える。このエンディングの傾向も変わっていて、作品自体は暗くシリアスな雰囲気だが、なぜか番外編のような笑いを取る方向のオチにも力が入っており、エンディングの半数を占める。

主な登場人物は主人公と、主人公と一緒に育った男性秘書、同じく一緒に育った妻、実の妹、嗜虐心をそそるメイド、享楽的なメイド、献身的な看護婦、売れっ子の女性アイドル、性別不明の詩人などである。主人公は妹以外にはニヒルで冷淡な態度を取っていて、サディスティックな言動や権力で他人を弄ぶのを好む面もあり、悲惨な最期を迎えることが多い。一方、ごく一部で純愛を獲得し、満足を得る結末も用意されていた。

アダルト要素では、この当時としては珍しく、実の妹との近親相姦が描かれている。当時のソフ倫には、近親相姦や売春といった社会規範に反する行為を、明るく肯定的なタッチで描くことは許されず、暗く否定的な態度で描けば大丈夫、という審査基準があったといわれている。

退廃的な人物を主人公にした陵辱メインのゲームで、後に一般的になるが、時期的にかなり早い段階の作品といえるだろう。耽美、厭世観、終末的雰囲気といった、それまでのアダルトゲームにない要素をもったユニークな作風だったが、個人的には一つ一つの経緯や結末があっさりし過ぎて、ストーリー面での奥行きに乏しく感じるのが残念だった。


『RanceⅣ -教団の遺産-』 概要

rance4_00rance4_02
rance4_05rance4_01
©1993 ALICESOFT
RanceIV -教団の遺産- (ALICESOFT)

・1993年12月11日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年04月04日 Windows3.1用 CD-ROM版
・1997年04月04日 Windows95用 CD-ROM版
・2003年04月11日 配布フリー化宣言 (アリスソフトアーカイブスなどからDL可能)

鬼畜な英雄の活躍を描いたダンジョン探索RPGの4作目。アダルトゲーム初となるインストール環境必須の「ハードディスク専用ゲーム」としても名高い。

前作『RanceⅢ -リーザス陥落-』(1991)で光の神の怒りを買った戦士ランスと奴隷シィルは、天空に浮かぶ大陸イラーピュに飛ばされてしまう。大陸にある唯一の街を拠点に、地上へ降りる方法を求めて古代遺跡の探索を進める二人。同じ頃、遺跡内では敵対的なヘルマン帝国の一団が、遺跡に秘められた闘神都市の力を求めて調査を始め、リーザス王国からはランス救出隊が派遣されようとしていた…。

システムは様々な仕掛けを凝らしたダンジョンの謎を解き、キーアイテムを入手することで物語が進展していくストーリー重視のRPGである。ダンジョン内は前作のスクロールありの2D表示から、再びⅡのような縮小マップでカーソルを移動させていく形式となり、小部屋に入った時だけ拡大2D表示という変わった仕様である。操作感は悪いものの、全体は把握しやすい。

戦闘は前作と同じ、2D俯瞰型でキャラ毎に移動を指示していく、シミュレーションRPG風の集団戦である。雑魚とエンカウントする度にこれをこなさなければならないが、主人公ランスを含めて全自動への切り替えが可能で、自動時のコマンドを編集できるのも特徴的である。味方は最大5人の自由編成となった。

新奇な点として、ダンジョン内は時間経過があり、毎日午後8時になると宿へ強制帰還させられ、翌日は同ポイントから進行できる休憩システムが取られている。宿では体力が回復できる他、「魔法ビジョン」にて本編と無関係な告知やドラマを見るオマケ要素、女の子を選んで部屋に連れ込むアダルト要素を備えていた。

シナリオ面では、従来通りの傍若無人な主人公が、美女とのセックスを目当てに冒険を繰り広げるシュールなギャグストーリーだが、一方で聖魔教団や闘神都市の設定が登場し、世界を揺るがす重大な局面がシリアスに描かれ、教団の生き残り、ヘルマン、リーザス、ランス一行の思惑が交錯する壮大な叙事詩に発展していく。レギュラーメンバーでは人工生命体「あてな2号」や騎士娘「サーナキア」が初登場している。

アダルト要素はランスが街の住人やパーティメンバーにHなイタズラをするケース、助けた女の子にお礼してもらうケースなど様々である。他にオマケ要素として、戦闘中に女の子モンスターを弱らせて「襲う」ことで見られる陵辱CG、完成するとHなCGが回収できる鏡の破片などがあり、やり込み要素となっていた。

発売後ほどなく、設定資料やボツ原画、ミニゲーム、BGM集などを収録した『ランス4オプションディスク』が通販されている。続編はミニRPGの『ランス4.1/ランス4.2』(1995)、番外編のSLG『鬼畜王ランス』(1996)、再びミニRPGの『ランス5D』(2002)が続き、大作RPGに戻ったのは10年以上経った後の『ランスⅥ』(2004)からだった。

個人的な印象としては、まずビジュアルのクオリティが大きく向上したのに好感が持てる。システムで風変わりな所が多く、快適にプレイするには実験的すぎる気がするが、入り口が違う別のダンジョンが内部で繋がり、巨大な複合ダンジョンになっていく点は面白い。シナリオ性、オマケ要素も充実し、アダルトRPGの定番といった風格の大作RPGに成長している。

『Rance -光をもとめて-』 概要

Rance -光をもとめて- Rance -光をもとめて-
Rance -光をもとめて- Rance -光をもとめて-
©1989 ALICESOFT
Rance -光をもとめて- (アリスソフト)

・1989年08月15日 PC-9801用 5インチFD版
・1989年**月**日 X68000/PC-88VA両用 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版
・1997年12月18日 Windows95用 CD-ROM 『ALICEの館4・5・6』に収録
・2003年04月11日 配布フリー化宣言 (アリスソフトアーカイブスなどからDL可能)

長寿を誇るファンタジー系RPG『ランス』シリーズの第一作。チャンピオンソフトが設立したブランド『アリスソフト』の最初期の作品の一つである。

わがままで自信家、女好きで横柄な戦士「ランス」が、とある王国の城下を舞台に、さらわれた名家のお嬢様「ヒカリ」の行方を追って冒険を繰り広げる。

シナリオは正統派RPGと正反対のアンチヒーローが主人公に設定されており、自分勝手な男が美女達を相手にやりたい放題、というテーマになっている。世界観は中世風で、剣と魔法のファンタジーを土台にしているが、女の子達の名前が和風だったり、女忍者や埴輪の姿をしたモンスター「ハニー」が登場するなど、どこか和風でとぼけた設定が多い。アダルト要素は陵辱プレイが中心だが、全体的にコミカルで暗さは感じさせない。

システムは体力、攻撃力などのパラメータや武器・防具の装備などを備え、簡単なRPG風の作りになっている。しかし攻略の大部分を占めるのは、様々な移動先を巡り、「見る」「聞く」「襲う」などのコマンドで謎を解いていくADV要素である。開発環境の制約から生まれた手動のレベルアップシステム『レベル屋』の設定などが独特である。

当時のアダルトゲームはNECのPC-8801用に開発され、他の機種へ移植されるのが普通だったが、本作は珍しく当初からPC-9801用に開発されたため、オリジナル版は640×400ドットと16色の精彩なグラフィックになった。

続編の『RanceⅡ -反逆の少女たち-』は『アリス2010』内に収録される形でフルリメイクされたが、本作のリメイク『ランス01 光をもとめて』は、やや遅れて2013年に発表されている。さらに2014年からOVA化され、シリーズ化している。また、公式にて無料のダイジェスト版が公開されている。

個人的な印象としては、操作感が悪く、ゲーム性も粗さが目立ち、コマンドも移動先も多いため自力攻略は煩雑である。同時期の他社作品と比べても、大ヒットシリーズとなる片鱗は全く感じられない。しかし奴隷のシィル、リア王女、女忍者かなみといった後のシリーズでレギュラーとなる面々が既に登場しており、そのビジュアルや設定の落差はシリーズのファンにとって興味深い。

『RanceⅢ -リーザス陥落-』 概要

rance3_00rance3_03
rance3_01rance3_02
©1991 ALICESOFT
RanceⅢ -リーザス陥落- (アリスソフト)

・1991年11月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年12月18日 Windows95用 CD-ROM 『ALICEの館4・5・6』に収録
・2003年04月11日 配布フリー化宣言 (アリスソフトアーカイブス他からDL可能)

90年代序盤の作品で、鬼畜な戦士とけなげな奴隷のコンビが冒険を繰り広げるRPGシリーズの第三弾。

前作『RanceⅡ』からしばらく経ったある日、リア王女が治めるリーザス王国は、突如現れた隣国へルマンの大軍に占領されてしまう。その背後には魔人たちの協力が見え隠れしていた。彼らの狙いが城に封印された魔剣カオスであることに気付いたリア王女は、城が陥落する直前、直属の忍者かなみを使者として派遣する。王女が最後の望みを託したのは、女を犯ることで頭が一杯のいい加減な英雄、ランスだった…。

ゲームシステムは前作とも前々作とも異なる独特の形態である。マップ移動画面は選択型、ダンジョン画面は上下左右にスクロールする2D俯瞰型で、戦闘画面はまるでシミュレーションRPGのように各ユニットが移動しながら進行する。操作できるユニットはランスのみで、ランスも全自動にできるため、操作上の手間は軽減されているが、雑魚と遭遇する度にこの戦闘シーンをこなさなければならないため、通常のRPGより時間が掛かる仕様である。

装備品やレベルアップ要素はあるものの、レベル上げや戦略が必要な本格RPGといった感じではなく、パーティも最大7人編成だが編成の自由はない。ダンジョンに様々な仕掛けが施されており、キーとなるアイテムや人物を類推したり、プレイヤー自身が謎を解いて突破していく点に比重があり、シナリオ性も高いため、ADV寄りの作風といえるかもしれない。

シナリオの序盤はシリーズの流れを受け継ぎ、鬼畜な戦士ランスが女の子(とのセックス)を目当てにダンジョンに挑んでいくコミカルな展開だが、中盤からは国家間の戦争や謀略も絡み、ランスを中心に歴史が動くスケールの大きなストーリーに発展していく。それに伴って複数の王国や魔人、魔剣などの設定が登場しており、後々まで引き継がれる世界観の骨組みとなっている。

本作から弱らせた女の子モンスターを捕獲してHなCGを鑑賞するオマケ要素が登場しており、AV風のタイトルのCGが鑑賞できるラレラレ石、ショップ店員などに悪戯できる特殊アイテムの収集と合わせてやり込み要素となっていた。また、CGアーカイブが実装され、鑑賞済みのHCGが閲覧できるようになった。

翌年から本作のヒント集や音楽CDを収録した『オプションSET』が通信販売されていた。続編に『Rance Ⅳ -教団の遺産-』(1993)があり、シリーズは長く続いた末に、本作も24年を経て『ランス03 リーザス陥落』としてフルリメイクされている。

個人的な印象としては、難易度が控えめでテンポの良い進行感が快い。なかなかの長編だが仕掛けはユニークでシナリオも面白く、同年の『ドラゴンナイトⅢ』(エルフ)といい勝負になっている。難点は戦闘システムの煩わしさ、戦略性の無さ、そしてビジュアルの野暮ったさか。

『RanceⅡ -反逆の少女たち-』 概要

rance2_00.png rance2_014.png
rance2_046.png rance2_099.png
©1990 ALICESOFT
RanceⅡ -反逆の少女たち- (ALICESOFT)

・1990年05月15日 PC-8801SR用 FD版
・****年**月**日 PC-8801VA用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 FD版
・1997年12月18日 Windows用 CD-ROM 『ALICEの館4・5・6』に収録
・2003年04月11日 配布フリー化宣言
・2009年12月18日 Windows用 DVD-ROM 『アリス2010』にてCGリメイク

90年代初頭の作品で、中世ファンタジー風の世界を舞台に鬼畜な戦士が活躍するダンジョン探索RPG。『Rance -光をもとめて-』(1989)の続編。

前作から半年、自由都市地帯の都市カスタムが地中に陥没してしまう事件が起こった。都市長の話によると、高名な魔導師ラギシスの弟子である4人の女の子達が、ラギシスを裏切り、街を陥没させ、さらに封印で住人達が外に出れないようにしてしまったのだという。依頼を受けた戦士ランスは、奴隷の魔法使いシィルを従え、4人の女魔法使いを討伐するべく、仕掛けだらけのダンジョンに挑む。

後に人気シリーズとなった、自己中心的で女好きな主人公と、健気な女奴隷の冒険物語の二作目である。ADV傾向の強かった前作よりはRPGらしくなった。最大3人パーティで、シィルも準主役級としてストーリーの一端を担っている。

システムは風変わりで、単一のダンジョンに潜っていく古典的なRPGだが、2D型の見下ろしマップと3D視点、イベント画面が分割で同時に表示されるという妙な仕様となっていた。マップ上の通路や部屋がスゴロクのマスのように区切ってあり、赤い明滅で主人公達の現在位置を確認し、操作していく。

戦闘はランス以外オートで、各コマンドに気力の消費値が設定されており、それをやり繰りする点が戦略要素となっていた。気力は戦闘終了後に全快するため、回復は容易である。

シナリオはダンジョンの中で様々な足止めに合うものの、特殊なアイテムや悪知恵で突破し、4人の女の子魔法使いを1人1人倒していく流れである。アダルト要素は陵辱系で、数は非常に多い。

続編は『RanceⅢ -リーザス陥落-』(1991)。後にストーリーの主要部分を抜粋した45分程度のダイジェスト版が無料公開された。さらに、『アリス2010』(2009)にテキストやシステムはそのまま、CGや音楽を完全に差し替えたリメイク版が収録されている。

後にレギュラー化した「魔想志津香」「マリア・カスタード」「レベルアップ神」などが初登場している。また、ハニーや女の子モンスター達など、ランスシリーズに限らず多くのアリスソフト作品に共通するシュールな世界観や設定の基礎が出来上がりつつあったことが確認できる。

記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代から生きながらえている学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。2016年秋に好き嫌いしないことを誓ったが、グロと鬱はやっぱり苦手。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を
各ガイドラインに従い引用しています。
このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03