title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『艶談 徳川興隆期 ごらくいん』 概要

艶談 徳川興隆期 ごらくいん 艶談 徳川興隆期 ごらくいん
艶談 徳川興隆期 ごらくいん 艶談 徳川興隆期 ごらくいん
©1989 全流通
艶談 徳川興隆期 ごらくいん (studio ANGEL/全流通)

・1989年01月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版
・****年**月**日 FM77用 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版
・1989年02月**日 X1/turbo用 FD版

80年代末の作品で、安土桃山から江戸初期にかけての争乱をテーマにしたアダルトアドベンチャー。『艶談 源平争乱記 いろはにほへと』の続編である。

主人公「たけし」は現代の学生。前作でタイムスリップしての冒険の末、無事に片想いの同級生「しずか」と結ばれたが、歴史を書き換えてしまった事で、今度は「徳川幕府が10年しか続かない」という矛盾が発生してしまう。危機感を覚えたたけしは、歴史を再び修正するべく、しずかと共に本能寺の変が起きた1582年に訪れ、徳川家の天下取りに一武将として協力していく。

前作と同じく、当時は珍しい選択肢分岐型のADVである。関ヶ原の合戦や戦後の論功行賞、将軍の跡継ぎ問題など、歴史の重要な分岐点となった事件をモチーフにした選択肢が登場し、状況に合わせて選んでいく。非常に選択肢が多く、分岐も複雑なマルチシナリオ構造だが、正解となる経路はほぼ一本道で、難易度はかなり高めである。

シナリオの基本は、徳川家が政権を掌握するまでの流れを史実通りになぞれば正解で、逸脱した選択肢を選んだり、女に釣られるとバッドエンドを迎えた。ただし、バッドエンド覚悟でなければ見られないHCGの方が多い仕様である。

アダルトCGは1人1枚で、画面右側に表示される(立ち絵が左側)。「お市の方」「寧々」「淀君」「お江」「春日局」など、歴史上の女性がモチーフになっているのが特徴的である。

さらなる続編として『艶談 歴史絵巻 ぬかたのおおきみ』が続いている。

個人的な印象として、対話シーンで立ち絵というか、単色背景のバストアップの肖像が使いまわされており、ゲーム画面のメインを占めているのが時代を感じさせる。(当時はまだ立ち絵を使いまわすのが一般的ではなかった)。前作と比較するとビジュアル面で進歩があったものの、非ギャグストーリーのためか、相変わらず強引な展開が目立ってしまう印象である。

調査担当

『ラブリーホラー おちゃめなゆうれい』 概要

ラブリーホラー おちゃめなゆうれい サンプル ラブリーホラー おちゃめなゆうれい サンプル
ラブリーホラー おちゃめなゆうれい サンプル ラブリーホラー おちゃめなゆうれい サンプル
©1988 studio ANGEL
ラブリーホラー おちゃめなゆうれい (studio ANGEL/全流通)

・1988年07月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 FM-7/77用 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版
・****年**月**日 X1turbo用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版

80年代後半の作品で、幽霊や妖怪の蔓延るアパートを舞台にしたアドベンチャー。

可愛い女の子ばかりが暮らすアパート、「美人荘」に入居することになった男子学生の主人公。ところが、美人荘は色々な男達が頻繁に通ってくる事から、売春宿の噂が立ち、それを調査しようと泊り込んだ管理人も行方不明になり、取り壊そうにも幽霊の呪いで手が付けられないという、いわく付きの物件だった。管理人の娘「くみこ」に見込まれ、彼女のヴァージンを約束された主人公は、消えた管理人の行方を追って、住人達の素行を調査していく。

シンデレラペルデュー』『艶談 源平争乱記 いろはにほへと』等の流れを汲むADVで、当時一般的ではなかった選択肢分岐型である。たくさんの分岐の中から死亡エンド回避となる選択肢を探り当て、ハッピーエンドへと繋がる経路を開拓することがゲーム要素となっていた。

シナリオは、テーマの割に明るくコミカルなタッチで、主人公がアパート内を探索する中、隣人達の情事の現場を目撃したり、誘惑されてベッドインしていく展開である。普通に交わると女の子達に取り憑いた幽霊達によって殺されてしまうため、それぞれの幽霊の手口に合わせて機転をきかせ、退治できる選択肢を見つけられるかが攻略の鍵となっていた。

住人は婦人警官、看護婦、喫茶店のウェイトレス、モデル、アイドル歌手、スチュワーデスなどで、全員が積極的に誘ってくるのが特徴的である。HシーンのCG枚数やテキストのボリューム、コマンド類が多く、アダルト要素の比重は全体的に高い。

立ち絵を背景と分離して使いまわす手法は、後に一般化するが、この時代のアダルトゲームでは定着しておらず珍しい。難易度はかなり手ごたえがあり、ストーリーにはそれなりに脈絡があって、アダルト特化型のADVとしては完成度の高い印象である。

調査担当

『シンデレラペルデュー』 概要

CINDERELLA PERUDUE サンプル CINDERELLA PERUDUE サンプル
CINDERELLA PERUDUE サンプル CINDERELLA PERUDUE サンプル
©1986 studio ANGEL
シンデレラペルデュー (studio ANGEL/全流通)

・1986年09月**日 PC-8801用 FD版
・1986年**月**日 FM-7用 3.5インチFD版
・1987年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代半ばの作品で、謎の暗号解読をテーマにしたアダルトアドベンチャー。選択肢によるストーリー分岐を備えたアダルトゲームとしては最初期のものと思われる。

医大3回生の主人公はパソコン通信「Bridge Club」を使い、ガールフレンドを探していた。そこに届いた謎のメッセージ「3*9<24, qnd(10^9),f」。興味を持った主人公は、行く先々で女の子と出会い、口説き落としながらも偶然からヒントを得て、次第に暗号の謎に迫っていく。

システムは「はなす」等のコマンド類が一切ない、選択肢のみのアドベンチャーで、後に一般化するが当時としては珍しい。時間と所持金の概念があり、それらの制限以内に暗号を解いて、出題者の元にたどり着くのがゲーム目的である。

選択肢は基本的に「電車に乗る or 車で行く」「女の子に触る or 我慢する」といった感じの2択の連続である。選択を間違うと即ゲームオーバーを迎えたり、暗号のヒントをスルーしてしまったり、タイムオーバーで終了してしまうが、はずれルートにもそれなりに別の展開とCG(アダルト含む)が用意されているのが特徴である。

ストーリーは大学でレポートを提出し、コンサートへ行く間に女子学生や看護婦、アイドル歌手等と出会って意気投合し、セックスをこなしていく流れである。お題の暗号は理不尽なほど難解だが、女の子や主人公が解決してくれるので謎解き要素はない。ゲーム性はヒントを全回収して時間内にたどり着くルートを探すため、選択肢を絞っていく点となっていた。

当時流行していたゲームブックを発展させたような作りで、構造は90年代中頃のマルチシナリオADVに近く、おそらく先駆者といえる作品である。CGの枚数は豊富でアダルトシーンも多めだったが、テキスト面が貧弱だったのと、当時としては簡単すぎて短く感じてしまうためか、知名度は今ひとつのようだ。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03